懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.5 福井ドライブ 第1回 大本山永平寺 前編
P6218302.jpg

今回から日帰りで行った福井ドライブのネタをアップして行きたいと思います。
長編にはなりませんが、5~6回くらい続きますんで、お付き合い頂けると嬉しいです。

P6218306.jpg

JR越美北線(九頭竜線)と足羽川の風景。
越前高田駅付近にて。

P6218311.jpg

最初に訪れたのは定番観光スポット・永平寺です。

永平寺(福井県吉田郡永平寺町)
横浜にある總持寺と並ぶ、曹洞宗の大本山。1244年建立。
大本山って一つだけかと思ったら複数あるもんなんですね…。
今でも200名ほどの修行僧が日々、禅の修行に励んでいて、厳かな空気が流れています。

P6218312.jpg

敷地内は苔に覆われた場所がたくさん。

P6218317.jpg

あいにくの小雨が降る空模様でしたが、苔と緑を撮るにはちょうど良かったかも知れません。

P6218318.jpg

しばらく参道を歩くと現れる通用門。ここから先が有料区域となります。
拝観料は大人500円、中小学生200円です。

P6218319.jpg

有料区域に入らず、通用門前を素通りして行くと正面に見えるのが、この勅使門。
ガイドや旅雑誌、テレビ番組等で永平寺の紹介がある際に、ここの写真がよく使われますね。

P6218324.jpg

いよいよ通用門から永平寺の中へ足を踏み入れます。
拝観者は全員、まず通用門のすぐ前にある吉祥閣という立派な建物に入り、
修行僧の方から永平寺の紹介、境内の案内と拝観における注意事項などの講義を受けます。
一番注意すべき点は、「修行僧にカメラを向けないこと」。これは絶対ですね。

P6218333.jpg

順路に沿って永平寺内を見て回ります。
上の写真は傘松閣という広間と絵天井。
日本の一流画家144名によって描かれた花鳥彩色画230枚!圧巻です。



続く

スポンサーサイト


コメント

緑がこの時季にぴったりですね!
[2013/05/16 05:19] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま

そうですね、ちょうど一年前の同時期の写真になります。
永平寺もそうですが、この後に訪問する場所も緑一色の世界でした。
近々アップしますので…。
[2013/05/16 20:09] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/706-e11a1434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)