懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.7 瀬戸の夏旅 第5回 島宿「三虎」と瀬戸の海
P7054685.jpg

今回は、真鍋島でお世話になった島宿「三虎」さんの紹介記事になります。

本浦集落から小さな峠を越えて島の裏側に来ると、眼下に三虎さんが見えました。
周囲に民家は一軒もない、正真正銘の一軒宿。

http://www.kcv.ne.jp/~santora/
↑ 島宿「三虎」さんのページ

今日HPを見て初めて知りましたが、2013年7月14日(13日?)から、
笠岡港から三虎さんへ直行する船便が夏限定で設定されたんだとか。
自分たちが訪れた7月5日はまだ運行前。タイミング悪いですね~。
この便があれば峠越えしなくて済んだんですけど…。

P7054688.jpg

三虎さんの入口ではこの可愛いコーギーがお出迎えです。
この子、宿のご主人の影響で海が大好きなんだそうで、
滞在中も海に浸かっている姿を目撃しました。。。

P7064792.jpg

チェックインして本館のお部屋へ。
こちらは旧真鍋小学校の校舎を移築したものだそうで、内部もそれらしい雰囲気。

因みにかつてはここは三虎ユースホステルとして運営していたんだとか。
部屋は小奇麗な個室で、元ユースとは思えないレベルでした。

P7054703.jpg

三虎の目の前と左手の方には真鍋島海水浴場の砂浜が続きます。
なんせ一軒宿なんで海の家やシャワーなんてない、ただの浜なんですが、
人が誰もいなくて完全に貸切状態でした。
(宿泊した日は金曜日。宿泊客は自分たち以外に一家族だけ、でした。)

なお、上の写真は干潮時のもの。満潮時には砂浜がほぼ全て消えるくらい満ちます。

P7054719.jpg

水は瀬戸内海にしては透明度は高いな、という印象。少なくとも期待を上回るものでした。
イメージは、香港で一番キレイな海くらいの透明度。
(この説明、全然イメージできない、と知り合いに指摘されました…)

ちょっと浮遊物(木端など)が多かったのが気になったか。海流の関係でしょうか。

P7054759.jpg

夕食は海鮮三昧。エビ、カニ、刺盛り、焼き魚に煮魚。それにビールと日本酒(笑)
特にエビは生きたものが串刺しになって出て来て、ビクビク跳ねるのを
生きたまま殻を剥いて食べる、という超新鮮なものでした。
…が、残念ながら自分は生のエビは食べないし、嫁さんは生きたエビはさばけず、
動かなくなるまで様子を見続けるほかありませんでした(苦笑)

P7064768.jpg

翌朝です。旅の2日目。朝5時過ぎに何故か目覚めたので写真を撮りに出ました。
三虎さんの前にある波止場へ。

P7064776.jpg

少し雲はあるものの、天気はこの日も良好。
朝の瀬戸内海を眺めていると、三虎さんのご主人がやって来て、宿の船で出かけて行きました。
挨拶しかしませんでしたが、本浦集落か笠岡への買い出しでしょうか。

P7064784.jpg

瀬戸のしまなみ。

P7064786.jpg

こちら前日に撮影しなかった三虎さんのお風呂。
「潮湯」という名前が付けられていて、最初は海に面してるからそのネーミングかな?と
思っていたんですが、入ってみると海水の沸かし湯で、ホントの潮湯でした。
因みに、洗い場にも湯船付近にもフナムシがいるので苦手な方は要注意。
湯船に浸かって、お湯の中からフナムシが這い出て来た時は驚きました。
フナムシってお湯の中もokなのね…、と。

P7064814.jpg

チェックアウトは10時まで。
お願いして荷物だけ建物内に置かせて貰い、お昼前まで宿の前の砂浜で遊び、
その後は潮湯のシャワーを使わせて貰い、最後はハンモックで遊ばせて貰いました。

楽しい三虎さんでの時間もこれにて終了。
事前にあまり詳しい情報を得られなかったんですけど、実際来てみると、
何というかプチリゾートのような感じでとてもいい時間を過ごす事ができたと思います。

P7064826.jpg

宿のご主人のご厚意により、宿の船で表側の本浦集落まで送って貰いました。
暑い中、あの峠越えをせずに済んだし、嫁さんと息子は舳先で潮風に吹かれて
とても気持ち良かったようで、とても有難かったですね。
(自分は次男を抱っこしてたので、船内で大人しくしてました…)


続く

スポンサーサイト


コメント

素晴らしい家族の思い出が出来ましたね!
[2013/07/15 19:07] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま
期待以上の満足度でした!自分がもっと海鮮好きだったらもっと楽しめたかも知れません…。
[2013/07/17 01:23] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/752-c9f6cd04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)