FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.7 瀬戸の夏旅 第10回 多度津の町並み
P7065042.jpg

多度津港から多度津駅へは普通に歩いて約15~20分程度の距離。
なかなかに古い町並みが今も残る多度津、写真を撮りながら歩きました。

P7065045.jpg

港に程近い場所に東浜と西浜という町名があり、東浜は商店街、西浜は元遊郭だったとか。
歩いたのは東浜。西浜の遊郭跡も歩いてみたかったんですけど、駅に向かう場合
少し遠回りになるので残念ですが散策は諦めました…。

P7065046.jpg

P7065051.jpg

東浜交差点を越えて真っ直ぐ歩くと、道はそのまま本通商店街に入っていきます。

P7065054.jpg

昭和の雰囲気が今もまだ残る本通商店街。
少しカーブしているのがまた良し。

P7065063.jpg

P7065064.jpg

P7065073.jpg

本通商店街沿いには、とても重厚な商家が数多く残っていて見応え十分。
なまこ壁のは元造り酒屋だったそうですが、今はもう酒造りは止めてしまったんだそうです。
(写真を撮ってる時、向かいのお宅の方からお話を伺いました。)

この通り、昔は金毘羅さんに向かう街道筋だったようですね。
道理で立派な建屋がたくさんある訳だ。

P7065088.jpg

P7065097.jpg

京町に入る手前で左折し、川沿いの道を歩いて行きます。
上の写真は振り返っての一枚。
山の上に見える塔は、多度津に総本山を置く少林寺拳法のもの。

何を隠そう、私、大学生時代に少林寺拳法をやってまして、
多度津の本部で2度ほど合宿をしたことがあります…。
多度津駅前のホテルに連泊して毎朝夕に本部まで道着姿で歩いたもんです。
そしてこの道がその時歩いていた道。懐かしい道です。

P7065099.jpg

そんな懐かしさも感じながら多度津の町並みを抜け、多度津駅前まで辿り着きました。
このうどん屋さんの看板を過ぎればすぐ右手に多度津駅が現れます。。。



続く

スポンサーサイト





コメント

多度津というと予讃線と土讃線の分岐駅という印象が強いのですが、いろいろな顔を持った街なのですね。

[2013/07/21 21:15] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま
かつては金毘羅さんの参拝客は多度津港から四国に上陸し、ここから金毘羅さんを目指したとか。
鉄道が整備される前からの、生粋の交通の要衝の町なんですね。
少林寺は、マニアックなものなのであまり一般的ではありませんが…。
[2013/07/22 23:24] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/757-111235bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)