懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.8 備後美作の旅 第27回 激渋!美作千代駅
P8259230.jpg

15:55頃、美作千代駅着。下車します。
本来の予定では、この40分ほど前に着いて、ここからは「ごんごバス」という路線バスで
院庄駅まで移動する、というプランを組んでいたんですが、
列車が遅れすぎたせいでバスの方が先に行ってしまいました…。

下車するか少し悩みましたが、個人的にこの美作千代駅訪問はMUSTだったため、
当初の予定通り下車することにしました。
というのも、次の津山行が結構すぐ来るダイヤだったから。(あくまで時間通りならば)
時刻表では16:15発、構内放送で「10分遅れ」と言っていたので16:25頃発。
滞在は約30分の予定。

P8259223.jpg

美作千代駅(岡山県津山市)
1923年開業。素晴らしい木造駅舎は開業当初のもの。
これは姫新線の中で最古の駅舎なんだとか。
駅前の丸ポストは、以前は普通の四角いタイプのものでしたが、
この駅の景観に合わせて後から丸ポストに変えられたそうです。

P8259232.jpg

駅舎内の様子。ここは無人駅ですが、窓口はそのままの状態を保っています。

P8259234.jpg

窓口のガラスにカメラをつけて内部を撮影。
結構広い空間に、さまざまな椅子が置かれたいたのが印象に残っています。
何かの会合でも開かれたんでしょうかね??

P8259237.jpg

ホームは1面1線。
以前は対面式の2番ホームがありましたが、今は雑草に埋もれています。

P8259239.jpg

駅前には目隠しをするかのように木が茂る車回し。

P8259247.jpg

建物財産標 鉄停 駅本屋1号 大正12年6月

P8259250.jpg

改札口のラッチは鉄製。
ベンチには草臥れた座布団。
ローカル駅でよくあるこういった座布団、結構好きかも。。。

P8259257.jpg

駅前通りから駅舎を向いて…。
ロータリーの木が茂りすぎて駅舎を隠してしまっています…(笑)

美作千代駅は、姫新線と並走する国道181号線から小さな川を渡った対岸にあります。
駅前の橋を渡った先、国道沿いには、もともと乗る予定だった「ごんごバス」の
千代駅前バス停がありました。。。

P8259260.jpg

特にあてもなく駅舎の近くをプラプラ。
駅から見える範囲には特に営業している商店は見当たらず。
駅ロータリー近くに「ギフトショップ」と書かれた商店っぽいお宅はありましたが、
どうなんでしょうか…??

P8259266.jpg

駅に戻ると構内放送があり、10分遅れが30分遅れになっている、とのこと。
ホームのベンチに座り、旅の記録をつけながら待ちます。

先程自分が降りた列車が、津山で折り返して新見行きとして戻って来ました…。

P8259268.jpg

そして16:55、結局40分遅れで津山行がやって来ました。今度はキハ120系。
美作千代駅での滞在時間は1時間に及びましたねぇ、結局。

主要な駅めぐりはこれにて終了。
あとは大阪に向けて帰るのみですが、あとちょっと記事は続きます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

美作千代駅、かつての駅はこうだった、を伝える貴重なものですね。

[2013/10/06 05:39] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま

台湾出張、お疲れ様でした。
台湾にも素晴らしい木造駅舎が残っているので、いつか巡ってみたいと思っています。

美作千代駅は姫新線においては、岩山駅と並んで見逃せない駅の一つかと思います。
[2013/10/06 21:47] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/814-0f23098c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)