懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.12 年末帰省旅 第16回 市振の集落を歩く
PC297109.jpg

黒部駅から真っ青な電車に揺られること約25分、
富山県から新潟県に入って一つめの駅である市振駅で途中下車です。
市振、15:58着。

PC297112.jpg

市振駅(新潟県糸魚川市)
1912年開業。古い木造駅舎が残る駅です。
新潟県の西端の駅であり、2015年春に第三セクター化される際には、
ここが「えちごトキめき鉄道」と「あいの風とやま鉄道」の境界駅となります。
…にしても、この会社名はどうにかならんものか…(苦笑)

PC297115.jpg

富山と新潟の県境は、山がいきなり日本海に落ち込むので平地が狭い。

市振は古くから越後国と越中国の境となっていて、関所が置かれていました。
ここで下車した目的は駅舎だけでなく、その関所界隈の町並みを歩くこと。

駅から東へ歩き、市振集落方面へ分岐。高架橋で線路を越えた先に、市振の町があります。
町は駅からも見えていて、町の入口へは歩いて5分くらいでしたかね。

PC297120.jpg

海に沿って東西に細長く続く市振集落。
市振小学校のそばにひっそりと市振関所址の碑が立っていました…。

PC297126.jpg

市振は漁港を持つ港町。
細い路地がちょいちょい見られます。猫の姿もチラホラ。

PC297127.jpg

市振集落を東西に貫くメインストリート。
先に見えているのは集落の東端。

PC297128.jpg

集落の東端近くにある、弘法の井戸、なるもの。

市振の外れの茶屋に坊さんがやって来て、水が欲しい、と言ったところ、
茶屋の婆さんが1kmも離れた場所から水を汲んで来た。
それを憐れんだ坊さんはその足元を杖で3回叩き、そこに井戸を作った、とのこと。

PC297130.jpg

市振集落の東の入口に立つ「海道の松」。糸魚川市の文化財。
ここから東は親不知の難所があり、それを乗り越えて東から来た旅人は
この松を見てホッとしたんだそうです。。。

PC297131.jpg

冬の日は短いですね…。16時半頃でこの空です。

PC297138.jpg

市振漁港。

PC297147.jpg

市振漁港で出会ったカワイイ三毛猫。

PC297148.jpg

最後に、市振駅前にポツンと立つ駅前商店。
こういう商店の存在、辺鄙な駅を巡る自分のような人にとってとても貴重ですよね~。

市振からは16:45発の普通電車で、更に西へ。



続く

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。
ちょっ、ねじまきさん待って下さいよ、弘法の井戸、
説明板に「坊さん(弘法大師)」って書いてあるじゃないですか!(笑)
ここも空海さんお約束のミラクルスーパー伝説の地みたいですね。

僕はGW、この集落の入り口付近で港をちょっと見ただけで引き返しちゃったんですよね。
海道の松までは行くべきでした(泣)。
[2013/11/04 02:09] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]


市振、昭和の時代、名古屋から夜行のりくらに乗り富山で下車し、北陸線の一番列車に乗って下車したことがあります。
北陸線には多数の客車列車が走っていた頃でした。
[2013/11/04 05:57] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toさん

ぐはっ(吐血)
思いっきり書いてますね!謹んで一文削除致しました。
ちゃんと裏を取ってから書くべきですね~。

そういえばKyo-toさんも歩かれてましたよね。
集落の町並み自体は比較的新しい家が多く、コレと言った見所は無かったように記憶してます。
[2013/11/04 07:46] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま

多数の客車列車が運行していた頃、市振も今とは比べ物にならないくらいの利用者がいたことでしょう。
ここ市振もホームの有効長は結構あります。長い編成の客車列車に対応していたんでしょうね。
夜行列車や客車列車が主役だった時代、自分も旅してみたかったですね~。
当時の時刻表を見るだけで楽しめそうです。。。
[2013/11/04 07:51] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/838-14684b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)