懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.12 年末帰省旅 第21回 平岩駅と駅前散策
PC307277.jpg

やっと明るくなり始めた大糸線。
雪景色の姫川沿いを南下して行きます。

PC307281.jpg

乗った列車は平岩行き。7:01に終点・平岩駅に到着。
哀しいかな、この列車で平岩に降り立ったのは自分一人だけです。

今回はここで約1時間を過ごすプランです。自分にしては比較的ゆったり。。。
でも、まずは駅の撮影も置いといて、先に駅の外へ出て、駅近くの鉄橋まで急ぎます。
というのは、今乗って来た列車が再び糸魚川に折り返して行く姿を撮影するため、です。
もともと撮影するつもりだった訳じゃないんですけど、駅近くに鉄橋があるのが分かったので。

PC307285.jpg

平岩駅のすぐ北側にある橋梁で一枚。

PC307287.jpg

そしてその更に北側、次の橋梁を渡る姿をパチリ。
(最初の橋梁で一枚撮った後に急いで望遠レンズに付け替えました)
あまり良い画は撮れなかったような気もしますが、まぁ楽しめました。

PC307290.jpg

列車が走り去った後、再び駅に戻って来ました。

平岩駅(新潟県糸魚川市)
1957年開業。駅舎はコンクリート製。
大糸線非電化区間における主要駅で、折り返し列車も設定されてますが、
ホームは島式の片側しか使われておらず、交換などはできなくなっています。
2012年度、一日平均乗車人員はわずかに7人、とのこと。

PC307291.jpg

駅周辺は姫川温泉のホテル・旅館が点在していますが、
利用者数を見る限り、鉄道で訪れる人はとても少ないんでしょう。。。

平岩あたりは長野県と新潟県の県境になっていて、大糸線も両県を出入りしながら進みます。
平岩駅のすぐ近くにも県境があり、歩けばすぐに長野県です。
姫川温泉も両県にまたがっていて、同じ温泉名でも宿によって県が異なる、ということも。

PC307293.jpg

朝7時すぎの平岩駅前。静まり返っています。
背後に少し写っていますが、平岩駅は白馬岳登山の玄関口だそうで、
登山シーズンの夏場には臨時で駅員が配置されるんだとか。

PC307297.jpg

滞在時間は1時間ちょい。この時間を利用して、ちょっと温泉に入りに行く予定です。
写真を撮りながら駅前通りを北に向かって歩きます。

PC307298.jpg

通りをしばらく歩くと、こんな橋が。これで姫川の対岸に渡ります。
ちなみにここは姫川が県境なので、対岸は長野県になります。
県境の表示は特にありませんね…。

PC307302.jpg

橋を渡った先には、電気化学工業さんの施設(研究施設?)が。
ここに立ち並ぶ木造家屋がとても好みでした…。

さて、目指す温泉はもうすぐ…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/843-a4cfde7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)