懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.12 年末帰省旅 第41回 足利散策~通町から駅前へ
PC317973.jpg

足利散策のラストです。
雪輪町・巴町の路地から出てきたのは、政泉旅館さんのある通り。
ここもまた昭和な雰囲気が漂う筋です。

PC317974.jpg

政泉旅館の筋から表通りに出ると、その角には先ほど煙突が見えた銭湯が。
こちら激渋銭湯・花の湯さん。お昼1時半から営業開始のようで、ちょうど店開き準備中。
自分としたことが、ここで風呂に入るプランにしていなかったのもあり、
残念ながら泣く泣くスルーします…。

PC317979.jpg

織姫神社前にあった、飴玉と菓子の枡田屋さん。
メチャ格好いい佇まいに、思わず一枚。

PC317983.jpg

さて、そろそろ駅の方へ戻り始めます。
戻りは県道67号の一本南側、駅に向かってずーっと続いて行く通りから。
藏のある町と、後方の山の上に見えるのは織姫神社。

PC317987.jpg

きっと長年営業されていると思われる魚屋さんの先、若干クランク状になりながら
通りは駅に向かって続いて行きます。結構歯抜けになっているのは残念ですが、
古い家屋が多く残る見応えのある通りかと。

PC317993.jpg

錆びついたトタンの壁。

PC317999.jpg

空き地に蔵に昭和なビル。
一番奥のビルは県道67号沿いですね。

PC318002.jpg

国道293号の高架下をくぐると、駅はもうすぐそこ。
駅の手前の区画にも時代に取り残されたような酒場の風景が残っていました。
ここは駅前広場の左手(西側)になります。

PC318003.jpg

駅前に出ました。ここにはEF60型電気機関車が静態保存されています。

PC318006.jpg

相変わらず超逆光の足利駅に到着。約1時間40分の市内散策、大いに楽しみました。
コインロッカーで荷物を取り出し、ホームへ。

13:49発の高崎行きでちょっとだけ戻ります…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/863-3ad26d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)