懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.1 新春東北紀行 第1回 真岡鉄道の車窓から
2014年一発目は前回記事の予告通り、昨年の年明けに行った東北旅行のネタにします。
昨年の年明け、ということはまるまる一年前ですね。。。
嫁さんの実家のある栃木県は益子町から、はるばる東北を経由して大阪に戻ります。
例によって長編になりますので、新年から何ですがお付き合い頂けると幸甚です。

P1038257.jpg

旅の始まりは、真岡鉄道・北山駅。嫁さんに車で送って貰いました。
益子駅から乗るのが普通なんですが、予定よりだいぶ早く着くので
ひとつ下館寄りのこの北山駅まで行くことにしたのでした。70円得しました(笑)

北山駅は、国道294号に面した片面ホームがあるだけの駅。
利用者がどのくらいいるのか、と心配になってしまうような寂しい駅前。

P1038260.jpg

朝10時台の真岡鉄道・下館行き普通列車は一両編成。

P1038261.jpg

快晴の下、ディーゼルエンジンを響かせながら南下して行きます。
写真は最後部から後方(益子方面)を向いて。
こういった畑が広がる風景、自分の中の栃木のイメージって正にこんな感じ。

P1038263.jpg

途中、15分ほどの停車時間があったので真岡駅で駅の外へ。
普通乗車券なので本来出られないんですが、交渉してみたら承諾して貰えました。

真岡駅(栃木県真岡市)
1905年に国鉄真岡線の駅として開業。
1988年からは真岡鉄道に移管。今は真岡鉄道の車庫と本社がある中心駅です。
今の駅舎は同線を走る「SLもおか」を模したもので、1997年築。

P1038270.jpg

駅舎内に飾られていた、旧駅舎時代の模型。
この駅舎が今あったらかなり感動モノですよね~。

P1038273.jpg

P1038275.jpg

駅構内には、SLもおか用の茶色い客車が留置されていました。
何度も帰省で訪れているものの、今まで一度もSLもおかを見たことがないという…。
そのうち機会があるだろう、と考えていますが、一体いつになるのやら。

P1038276.jpg

真岡鉄道内の栃木県最南端の駅、久下田駅。
意外に大柄な駅舎があります。

P1038277.jpg

終点下館の2つ手前の折本駅。ここは木造駅舎が残る駅。

P1038278.jpg

北山から約40分で終点の下館に到着します。
真岡鉄道はJRと共通改札ですので、そのまま水戸線へ乗り継ぐことができます。
が、今回はちょっと下館の町並みを歩いてみることにしましょう。
東北紀行と銘打っておきながら、いきなり関東ネタですいません。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/880-ef1ddd2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)