懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.1 新春東北紀行 第13回 上湯沢駅と三関駅
P1048751.jpg

院内の駅前食堂で腹ごしらえをした後は湯沢方面へ戻り、
湯沢駅の一つ手前(南)の上湯沢駅で下車します。
ここを選んだのは、先ほど湯沢から院内へ南下した時、上の写真の駅名標を見たから。
国鉄時代から残っているであろう旧式の駅名標なんかも大好物ですので…。
ですけどこの駅名標、手前の梁が邪魔をしていて真下から見ないと全貌が確認できません。

P1048752.jpg

P1048755.jpg

上湯沢駅(秋田県湯沢市)
1956年開業。比較的歴史の浅い駅、でしょうか。
2009年までは有人駅だったようですが、今は寂しい無人駅。
一日平均乗車人員は40人程度とか。

P1048758.jpg

駅舎は木造だそうですが、外壁が綺麗に改装されているのと、
雪で隠されているのもあって、古さを感じることはできません。。。

P1048759.jpg

上湯沢駅から伸びていく駅前通り。民家がたくさん立ち並んでいました。

さて、ここからは思いつきでタクシーを利用します。
院内の久米食堂でお昼を食べながら携帯で湯沢のタクシー会社へ連絡し、
上湯沢駅到着時間に迎えに来てもらう手配をしていたのでした。。。
(上湯沢駅にはタクシーは常駐していません。)

P1048760.jpg

上湯沢駅近くの沿道風景。
タクシーで向かうは一つ南の三関駅。
道路での距離は約3.4km、所要約10分、運賃は約1,300円でした。

P1048762.jpg

三関駅(秋田県湯沢市)
1923年に三関信号場として設置され、1930年に駅に昇格。
こちらも雪をかぶっていますが、しっかり木造駅舎です。

P1048763.jpg

無人駅で、窓口はカーテンで閉ざされています。
小ぶりですがコンパクトに纏まった感じで、好感の持てる駅舎内。
地域の案内マップもありました。

P1048765.jpg

昔は対面式の2番線があったようですが、今は片面のみ。
もしかしたら雪で見えないだけで、夏場は廃ホームの名残なんかが確認できるかも…?

ホームに立つと、正面には雪化粧の山が眺められました。

P1048769.jpg

駅舎から眺める駅前通り。300mほどで国道13号線(羽州街道)にぶつかります。
駅前通りには酒屋さんが営業中。地酒のワンカップを購入しました。

P1048771.jpg

今度は駅前通りから三関駅をパチリ。
背後の雪山がイイ感じでした。

P1048772.jpg

因みに、地図を見る限り、三関という地名は三関駅よりもむしろ上湯沢駅付近を指すようです。
三関郵便局も三関小学校も高速の三関ICも、全部上湯沢駅の近くです。
ちょっと不思議ですね。。。
上湯沢付近にある関口・下関・上関という地名が三関の由来っぽいです。

P1048776.jpg

次の列車の時間になりました。
新庄行きの普通列車はこれまた10分遅れ。今度は峠を越えて新庄まで移動です。
2両編成の車内は座席が全部埋まるか埋まらないか、くらいの混み具合。
雪と窓の曇りで外が見えないので、空いた席に座って単なる「移動」の時間に…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/892-7e438e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)