FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.1 新春東北紀行 第14回 大石田駅から銀山温泉へ
P1048785.jpg

三関から一気に新庄へ移動した後は、またまた新幹線利用です。
1月4日の東京行き・山形新幹線つばさは新庄駅の時点で自由席が埋まるほどの混雑。

P1048792.jpg

新庄から一区間だけ移動して大石田駅で下車です。

大石田駅(山形県北村山郡大石田町)は1901年開業。
新幹線停車駅ですが、駅は2面2線のシンプルなもの。

P1048861.jpg

駅舎内には観光案内所が併設されています。これは2009年、結構最近設置されたとか。
暖房の効いた休憩所があり、お土産ものを販売しています。
(自分は帰りにここでお土産を購入しました。)

P1048793.jpg

大石田駅前の風景。
駅近くには、大石田の古い町並みなんかがあるようですが、
自分はここからバス移動なので時間がなく、訪問することはできませんでした。

P1048796.jpg

氷漬けのバス停で待つのは銀山温泉へ向かう路線バス。
大石田で降りたのは銀山温泉に行くためであります。
ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモチーフとも言われる温泉街、
その夜の姿を見るのが今回の東北旅行の目的のひとつです。

で、肝心のバスですが、新幹線を降りてまもなく接続しているはずですが、
10分待っても20分待っても一向に来る気配がありません。

大石田駅始発のはずなのに…、と思い、駅の観光案内所で聞いてみると、
雪の影響でダイヤがぐちゃぐちゃなんだそうで…(苦笑)
この路線は一台のバスが往復しているのですが、この前日なんかは2時間遅れだったとか。

いつ来るか分からないので、根気よく待つしかありません。
これだったら大石田の町も見れたなぁ…、と思いながら待つこと40分、
やっと銀山温泉行きのバスが到着しました。定刻15:55発⇒16:35発(40分遅延)。

P1048801.jpg

バスが走り出すと、すぐに日暮れの時間となりました。
真っ白な道を進むバス。途中ルート上にある尾花沢の町を通過。
尾花沢って奥羽本線のルートから外れてしまって時代に取り残されたような印象です。

P1048808.jpg

大石田駅から走ること約40分、17:15過ぎに銀山温泉へ到着。
バス停は温泉街の100m手前の坂の上にあり、バスを下車して坂を下って行くと、
憧れの銀山温泉街が姿を現しました…。。。

P1048812.jpg

P1048819.jpg

かなり寒いんですけど、軽く吹雪いたりしてるんですけど、
それも気にならないくらい興奮しながらシャッターを押していました。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/893-3d0ce195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)