FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.1 新春東北紀行 第15回 夜の銀山温泉街を撮る
P1048820.jpg

銀山温泉街の続きです。

こんな時間にやって来ましたが、別に宿を取っている訳ではありません。
温泉街を撮り歩き、外湯に入るのが目的なのです。

本来であれば、16:31に到着し、18:21発の便で戻るので滞在時間は1時間50分だったのが、
往路で40分遅れたため、滞在時間は1時間ちょいにまで減ってしまいました。
(まぁ、復路の便が定刻に来れば、の話ですが…)

P1048821.jpg

古勢起屋別館さんの佇まい。

P1048822_201401160008117e2.jpg

右手が永澤平八旅館さんで、左手が能登屋旅館さん。

P1048823.jpg

能登屋旅館さん。

P1048831.jpg

同じく、能登屋旅館さん。

P1048840.jpg

温泉街の中央辺りにある共同浴場・かじか湯(大湯)。
8:00~20:00まで、大人300円。無人なので料金箱に投入します。
滅茶苦茶熱いお湯に感じましたが、しばらくするとだいぶ馴染みました。
氷点下の中を歩き回って身体が冷えていたのかもしれませんね…。

飾りっ気の全くない、無骨でシンプルな共同浴場は自分の好みです。
この時間帯は宿泊客が多いせいか、共同浴場は終始自分一人占めでした…。

P1048849.jpg

P1048850.jpg

P1048851.jpg

銀山温泉(山形県尾花沢市)
日本のみならず海外でも有名なNHK連ドラ「おしん」の舞台として一躍有名になった温泉地。
その名の通り、かつて銀山があった場所ですが、その銀山は江戸時代初期に閉山しているので
相当過去の話になりますね。温泉が発見されたのも江戸の初期。
1913年に発生した洪水によって温泉街は壊滅、その後に現在の温泉街が再形成されたそうです。

銀山川沿いに並ぶ木造3~4階建ての旅館群、それを照らすガス灯。
とても雰囲気のある素敵な温泉街です。

P1048859.jpg

往路のバスは40分遅れていたのに、復路は20分遅れで到着しました。
なんせ終バスですからね。往路の遅れを前提に行動してたらエライ目に遭うとこでしたね。

このバスで大石田に戻り、普通列車に乗り継いで山形まで移動。
旅の2日目は山形駅近くの安宿に投宿したのでした。

いきなりですが、2日目終了でございます。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/894-c753d39f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)