懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.1 新春東北紀行 第16回 北山形駅と山寺駅
P1058867.jpg

新春東北紀行は3日目を迎えました。この日も一日、張り切って行きますよ~。
まずは山形7:04発の新庄行きで出発です。自分にしては朝遅めのスタートですね。

P1058868.jpg

そして山形の次、北山形で早速下車です。7:07着。

北山形駅(山形県山形市)
1921年開業。奥羽本線と左沢線の分岐駅。
左沢線は全列車が山形まで直通運転、それに仙山線の列車も通るので
山形~北山形間は列車本数が多く、利便性が高いため利用者も割と多い駅です。
2012年度、一日平均乗車人員は1538人、とのこと。
駅前に駐輪された自転車の多さからも、利用者の多さが伺えます。

P1058870.jpg

駅前にはロータリーがあり、真ん中は小さな池になっていました。
冷え込みが続いているせいで半分くらい凍ってますが。。。

P1058871.jpg

大柄な木造駅舎です。
これは駅正面口となる東口の駅舎。
実はこの時自分は知らなかったんですが、左沢線ホームの方に西口駅舎もあり、
そっちも木造駅舎だったようです。。。知らなかったので見てもないし写真もありません。

ある程度滞在時間があれば気づいたんでしょうが、ここは次の列車までの繋ぎとして
訪問したに過ぎず、滞在時間はわずか11分間でしたからねぇ…。

P1058875.jpg

少し離れた場所に位置する左沢線のホームを眺めながら列車を待ちました。

因みに、この北山形駅は最初に左沢線の駅として開業し、
その後に奥羽本線のホームが設置されています。
よって自分が見ていない西口駅舎が開業当初からの初代駅舎なんですね。
今は奥羽本線側の東口が表玄関になっていますけど。

同じように支線の駅として開業し、あとから本線のホームも設置された駅としては、
北陸本線・越美北線の越前花堂駅が挙げられます。以上、余談でした。

P1058883.jpg

北山形7:18発の仙山線快速でやって来たのは、松尾芭蕉で有名な立石寺の玄関口・山寺駅。
駅舎より高い位置にある島式ホームからは、立石寺の五大堂が見えます。

P1058884.jpg

山寺駅(山形県山形市)
1933年、仙山線全通前に先行開業した仙山西線の終着駅として開業。
駅舎は立石寺の玄関口らしく、寺社風の木造駅舎になっています。
駅舎の隣には無料で入れる展望台を併設。
2002年には東北の駅百選に選出されています。

最近知ったんですが、ジブリ映画『おもひでぽろぽろ』のラストシーンで出てくる駅は
山寺の隣の高瀬駅で、一度列車に乗り込んだ主人公が思い立って下車し、
反対方向の列車に飛び乗るのがこの山寺駅なんだそうです。

P1058886.jpg

駅から見て真正面に、これまた素敵な佇まいを見せているのは山寺ホテルさん。

P1058890.jpg

山寺ホテルで右折してすぐ左折、赤い橋を渡れば立石寺の門前町。
正面に迫る山と立石寺のお堂。これからあそこに向かいます。
せっかく山寺に来たんだから五大堂は行っとこう、ということで。真冬ですけどね。

P1058891.jpg

門前町を歩き、登山口である立石寺本堂へと向かいます。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/895-59ff617e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)