FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.1 新春東北紀行 第18回 冬の山寺に挑む~後編
P1058939.jpg

最後の坂(階段)を上がると、目的地・五大堂です。
五大堂の真下から上がって来たんですね。
ホント、ロープがあるのって有難いです。

P1058945.jpg

五大堂ですが、内部には五大閣とありました。
調べたところ五大閣は別称のようですね。創建年次は不明。

P1058942.jpg

そしていよいよお目当ての五大堂からの眺望です…。
さすが一番乗りだけあって先客はいません。

P1058944.jpg

30分近くの雪坂上りの苦労も一瞬で吹き飛ぶほどの絶景がそこにはありました。

P1058946.jpg

望遠レンズで撮った山寺駅。

P1058948_20140116001256531.jpg

山寺駅東側にかかる鉄橋と、その先に続く家並み。

P1058949.jpg

列車来ないかな~、と思って時刻表をめくりましたが、
あいにくしばらく列車は来ない時間帯。次に来るのは自分が乗る列車です。

P1058952.jpg

よく水墨画のような風景と表現されますが、
まさにそれが的確な表現だな、と思わざるを得ない素晴らしい雪景です。

P1058956.jpg

冬だったらいつでも良い訳ではないですよね。
雪が降った直後だから山の木々まで白く見える訳で。
前日雪で当日晴れ(時々曇り)、という最高のタイミングだったのかも知れません。

満足行くまで絶景を眺め、撮り、五大堂をあとにします。
目的はここだけですので奥之院は行かずにもう下山です。

P1058960.jpg

下山途中には計5~6人の観光客とすれ違いました。
観光客のほか、スコップを持って除雪に向かう地元のおじさんたちの姿も。
除雪前なのに五大堂まで上ってもう下山してることに軽く驚かれました。

P1058968.jpg

上り30分弱に対して下りは20分ちょいでしたかね。
同じく除雪前の石段なので下りの方もかなり神経を使いながらでしたが、
上りよりだいぶ早く下りられたなぁ、と思います。

P1058975.jpg

再び山寺駅に戻り、ホームから今上って来たばかりの五大堂・開山堂を見上げながら、
9:14発の山形行きを待つのでした…。
お次は山形駅まで戻り、山形市内の散策へと繰り出します。。。



続く

スポンサーサイト





コメント

雪の山寺すばらしいですね。

乗り潰しの旅を志して、最初に訪問した地が山寺でした。
僕が訪問したときは3月だったので、雪は少なかったですがそれでもすばらしい風景だったのを覚えています。

ねじまきさんの記事を見て、また行きたくなりました。
秋田からなら日帰り圏内なので、雪のあるうちに訪問しようかな。
[2014/01/30 02:19] URL | PoW #jOWnQU.Y [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>PoWさん

コメント有難う御座います。
ここは日帰り圏内ですかぁ、何だかすごく羨ましいです。

自分は仙山線は乗り通したことが一度あるだけで、山寺訪問は今回が初めて。
そしてその初・山寺でこんな絶景に出会えたことに興奮してしまいました(笑)
ただ雪の季節に行くならば、滑り止め付きの靴を装備の上で
除雪が終わった後の登山道を登るのが良さそうですね。。。

夏は苦行みたいになりそうなので、次に行くなら秋がいいですかね~。
[2014/01/31 02:18] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/897-c003fb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)