FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.1 新春東北紀行 第26回 羽前成田駅の木造駅舎
P1059243.jpg

目的地である羽前成田駅、その駅前通りでタクシーを降りました。
長井駅から10分弱、冬季割増で1200円程度でした。またまた時間を金で買ってしまった…。

P1059247.jpg

時間は16:00頃、既に太陽が今にも沈んでしまいそうな傾きっぷりです。

P1059249.jpg

羽前成田駅(山形県長井市)
1922年開業。国鉄時代からの木造駅舎が今も活躍しています。
フラワー長井線は木造駅舎が数えるほどしか残っておらず、その存在は貴重なものに。

P1059252.jpg

窓のサッシも全て木造のままの、素晴らしい木造駅舎ですね。
電飾が少しありましたが、クリスマス飾りの残りでしょうか…?

P1059253.jpg

駅舎内部も素晴らしい佇まいです。まるで絵に描いたような。
残念ながら1997年に無人化されましたが、窓口は塞がれていないのは嬉しいですね。

P1059257.jpg

駅舎内には雰囲気を引き立てる小道具がたくさんあります。
例えばこの手書き運賃表。

P1059260_20140123014107106.jpg

きっぷうりばの裸電球。

P1059259.jpg

駅ノートも完備で、自分のような訪問者への対応も万端。

P1059261.jpg

両方の扉に「〆切」の文字。開けられないじゃないか、と思いますが、
おそらく冬は寒いから開放厳禁ってことではないかと思われます。

P1059265.jpg

持ち主不明荷物についての注意書きは国鉄時代のものですね。
今でこそ持ち主不明荷物=不審物(テロ?)のように想像するようになってしまいましたが、
国鉄時代にはそんな意識を持つことも無かったでしょうね。

P1059268.jpg

そろそろ列車の時間が近いのでホームへ。

P1059271.jpg

ホーム側から見る木造駅舎。駅は昔は対面ホームでしたが、今は片面ホームのみ。
ベンチにはかつての駅名標が置かれていましたが、軽く落書きされていたのは非常に残念。
(「うぜんなりた」の「た」に濁点が書かれてます)

P1059273.jpg

事務室内に置かれていた「赤湯―長井」のサボ。

P1059274.jpg

短時間ではありましたが、素敵な木造駅舎でいい時間を過ごせたように思います。

16:16発の赤湯行きに乗り、羽前成田を離れます。
山形鉄道の羽前成田以北・荒砥までは乗り残したままとなります。



続く

スポンサーサイト





コメント

こんばんは。
今年はマメにコメントしようとか誓ってたのに全然ウソでした(滝汗)。
ゴメンなさい。

とは言え、今回のシリーズも楽しませていただいてますが、
羽前成田駅、やっぱりイイ駅舎だったんですね…。
泣く泣く諦めた僕はバカでした。
しかもまたイイ光の時間に訪問されてますね!
これで見学料1200円は安い!(笑・イヤミとかじゃなくホントに)
ってか、タクシー「冬季割増」料金なんてあるんですか!知らなかった…。
[2014/02/10 02:04] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toさま

コメント有難う御座います。
定期的に当ブログをチェックして頂いているようで、ありがたいです。

さて、羽前成田ですね。もともとここは長井から列車で行くハズだったのに、
赤湯で一本逃したせいでタクシーで重役訪問になってしまいました(笑)
でも1200円払う価値は十二分にある素晴らしい木造駅舎でございました。
(冬季割増は上湯沢~三関でもかかったので、東北のスタンダードだと思われます)

ここって2,3年前に駅で鉄道写真展があったのを他の方のブログで見て知った駅なんです。
長井線に乗ったのはこの駅舎を見るためだったと言っても過言ではありません。
今の素晴らしい姿のまま、末永く活躍して欲しいものです。
[2014/02/11 10:05] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


こんばんは、初コメさせて頂きます。

羽前成田駅、素晴らしい木造駅舎ですね。
コチラのブログ記事で知ったのですが
http://komekome231.blog101.fc2.com/blog-entry-211.html
以前はアルミサッシだったそうで、あえて木枠建具に戻したのだそうですよ。
山形鉄道は未訪問、できれば今年中に訪問してみたい駅です。

また訪問させていただきますネ。
[2014/02/11 23:15] URL | nori #GCA3nAmE [ 編集 ]

行きたいですね・・・
こんばんは。
ご無沙汰しております。

おおう、これは素晴らしい駅舎ですね。
今すぐ行ってみたくなりました。
全部木製枠の窓や扉とか、萌えますね~(笑)。
前コメの方のリンクを参照したらば、わざと「古い」方に戻されたようで。
こういう「改修」は大歓迎かも。
(若桜鉄道でもそんな話を聞いたことがありました。そちらは準備中でしたが)
そのほかの小物類も魅力満点ですなぁ。

冬季割増は北国では普通のことでしょう。
北海道でも冬季は常時割増運賃ですし。
白滝シリーズ訪問なんか、タクシー利用もやむを得ない部分がありますからね(時間がいくらでもあれば、鉄道で訪問するのですが)。
[2014/02/12 03:17] URL | LM #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>noriさま

拙ブログへの初コメント、有難う御座います!
もともとアルミサッシだったというのは初耳でした。。。
でもそういった改装であれば大歓迎ですね。

自分がこの駅を知ったのは、別の方のブログで紹介記事でした。
それがちょうど2011年の鉄道写真展の時。
noriさんがリンクを貼って下さったブログにも同じ写真展の記事がありましたね。
知ってから訪問まで2年以上かかってしまいましたが、訪問できて良かったと思える素敵な駅でした。

また時々のぞいて頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします!
[2014/02/12 21:40] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

Re: 行きたいですね・・・
>LMさま

コメント有難う御座います!
こんな素敵な改修であれば全国の木造駅舎でやって欲しいくらいですよね。
古さを保ったままのさり気ない改修ってのが良いです。
わざとらしくレトロ感を強調するのも、何か違うんですよね。

そういえば北海道でタクシーはよく使われてましたよね。
雪道運転できない自分としては雪国のタクシーはある程度仕方ない、というスタンスで利用してます。
まぁ円安で燃料費もキツイでしょうし、割増に関しては特に文句はありませんね。

白滝シリーズは妄想プランでは夏にレンタカーで制覇することにしています。
今年の夏は別プランを用意しているので、実行できるのは来年の夏でしょうか…。
[2014/02/12 22:02] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/905-c97390fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)