FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2010.12 台北旅行記 第6回 九分茶坊と夜の俯瞰図
九分の続きです。
基山街を歩いて行くと、九分を代表する急な階段が続く竪崎街と交差するんですが、
竪崎街はあとに取っておいて、そのまま基山街を進みます。

PC263469.jpg

交差点を過ぎてすぐのところ、右手にあるのがこの「九分茶坊」。
九分では有名なお茶屋さんで、訪れる観光客の多くがここでお茶をするとか。
あいにくちょっと前に芋圓も食べたし、今回はお茶はしませんでした。

PC263471.jpg

でも中はちょっと見学させて頂きました。
たくさんのやかんにお湯が沸いてる様子を撮ったところ、「そこ撮影禁止です」と
注意を受けました。すんません。
店内は撮って良い場所と禁止の場所があるようですので要注意。

PC263474.jpg

九分茶坊を過ぎて更に基山街を進むと、斜面に広がる九分の町を眺められる場所に出ます。
特に展望台とかではなく、普通に道が開けた場所を通るだけ。
綺麗だったんで思わず夜の九分を撮影。
3秒ほどのスローシャッターでしたが三脚なしで気合で撮りました!

PC263475.jpg

恐らく観光客はあそこまでは行かないであろう静かな夜の九分。
もっと余裕があれば長時間露光で道路に車の軌跡を描くこともできたかも。

PC263479.jpg

夜景を眺めた場所からは観光客も激減。
お店はちらほらあるものの、静かなもんでした。
適当なところで引き返し、竪崎街の階段へ向かいます。

PC263493.jpg

竪崎街の交差点付近にて。

PC263501.jpg

夕食の時間だったので、基山街から竪崎街の階段を少しだけ下った左手にあるお店
(またも名前失念)で夕食にしました。
窓枠に窓がはまっていない箇所があって、非常に寒かったです…。

それでも九分の夜景を眺めながらの夕食は寒いながらも楽しめました。

さぁ、時間も19時をまわり、いよいよ九分の本当の姿?を拝みます。
というのも、そこかしこにある赤い提灯、19時周辺にならないと全部点灯しないとか。
期待に胸を膨らませ、店を出るのでした。。。


続く
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/91-0cc878a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)