懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.2 姫路・書写山圓教寺~東谷・中谷編
P2100155.jpg

前回のひめじ手柄山遊園に行った次の日、同じく姫路市にある書写山へ行ってみました。
確か映画『ラストサムライ』のロケ地になった、とか聞いたことがあります。

書写山へは車で行きましたが、公共交通機関の場合は姫路駅から神姫バスで山麓へ。
山麓からは書写山ロープウェイで山上へ。車の場合も山麓の駐車場に停めてロープウェイへ。
登山ルートが6つほどあるのでロープウェイを使わないという手もあるにはありますが、
子連れで時間がかかりそうだったので今回は却下です。

P2100159.jpg

書写山ロープウェイは1958年に開業。
運営母体は姫路市観光交流推進室ですが、実際の運行は神姫バスに委託されています。
書写山の山麓駅から山上駅まで高低差211mを約5分で結びます。
運行間隔は15分毎。運賃は大人往復900円(片道500円)、小人往復450円(片道250円)。

P2100162.jpg

山上駅からは約1kmほど歩くことになります。
まぁ山全体が境内だと思うので、圓教寺の境内には入っているんですけどね。

山上駅から境内中央部にある摩尼殿までシャトルバス(有料)が出ていますが、
今回はここから歩くことにします。

P2100172.jpg

仁王門をくぐります。ここら辺は「東谷」と呼ばれる一帯です。
圓教寺は境内がとても広く、山上駅側から「東谷」「中谷」「西谷」にエリア分けされます。

P2100176.jpg

時折急な上り坂のある参道を歩きます。
1kmなので大人の足で15分程度でしょうが、
子連れの自分たちは30分近くかけてゆっくり歩きました。

P2100181.jpg

歩いていくと目の前、崖の上に威風堂々とした摩尼殿が姿を現しました。
こちらは一度1921年に焼失、その後1933年に再建されたものになります。
比較的新しいのですが、伝統的な建築様式で貴重ということで、国の登録有形文化財に。

P2100188.jpg

摩尼殿の舞台を下から。なんか、圧巻です。

P2100192.jpg

摩尼殿の正面側から。
ここは「中谷」と呼ばれるエリア。

P2100197.jpg

ここは観音堂になっているんですね。
ちょっとお堂で休憩させて頂きました。

P2100202.jpg

摩尼殿の裏側を通り抜け、圓教寺最深部である「西谷」へと向かいます。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/913-7b310f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)