懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第3回 盛岡・紺屋町界隈の町並み
PC284413.jpg

盛岡バスセンターでバスを降り、ここから町歩きを始めます。
バス停のすぐ隣には昭和な雰囲気漂う肴町商店街アーケードが。
今回はここへは潜入せず、まずはこの界隈の目玉物件を拝みに行きます。
(と言ってもすぐ近くですが)

PC284417.jpg

PC284466.jpg

岩手銀行・中ノ橋支店(岩手県盛岡市)
1911年、旧盛岡銀行本店として竣工。国指定重要文化財。
盛岡を代表する近代建築と言っていいですね。
どこか東京駅丸の内駅舎に似てると思ったら、同じ建築家・辰野金吾氏の設計だそうです。
建物の老朽化を理由に、2012年をもって銀行業務は終了していて、
2016年の一般公開を目指して調査・修復を予定している、とのこと。

PC284422.jpg

岩手銀行中ノ橋支店の四つ角を北へ入っていくと、古い木造の商店があります。
こちらは「ござ九・森九商店」さん。

PC284427.jpg

同じく「ござ九・森九商店」さん。江戸時代から続く雑貨屋さんだそうです。

PC284430.jpg

PC284432.jpg

更に北へ歩くと目に留まるのがこの物件。

紺屋町番屋(岩手県盛岡市)
1913年築、望楼の付いた消防番屋。洋風木造2階建てです。
盛岡市指定の保存建造物。先ほどの森九商店さんも同じく保存建造物です。

PC284436.jpg

周囲をぷらぷらと歩きます。

PC284443.jpg

遠めにも目立つ紺屋町番屋。

PC284446.jpg

再び肴町商店街アーケードの近くまで戻って来ました。

PC284450.jpg

盛岡もりんごの産地なんですね。
青森や長野のイメージが強すぎて、意外な感じがしてしまいますが、
気候を考えると産地であって何ら不思議はありません。。。

次回も盛岡市内ネタが続きます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/939-b7df7ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)