懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第9回 小鳥谷駅の木造駅舎
PC284571.jpg

小鳥谷駅(岩手県二戸郡一戸町)
「こずや」と読む、難読駅。1891年開業。午前中のみ有人の駅です。
駅舎の一部を利用したJAの農産物直売所「ニコニコ駅こずや」が同居。
火・木・土・日の9:00~15:00に営業しているようです。

PC284569.jpg

岩手県北バスの小鳥谷駅バス停。一応路線バスがあるにはありますが、
一日1~2便程度しかなく、駅めぐりにはとても使えません…。
路線は二戸を起点に、一戸・小鳥谷経由の奥中山までの運行です。

PC284575.jpg

駅前は広いスペースがあり、ちょっと進むと線路と平行する通りにぶつかります。

今回は14:56着の15:05発で滞在時間が9分しかなく、駅から離れられなかったので、
駅の近くがどのくらいの町なのか、見ることができませんでした…。
ただ、駅舎から見える範囲の町並みは、とても寂れた感じが漂っていました。

PC284579.jpg

小鳥谷駅の駅舎内。訪問時は無人の時間帯でしたが、暖房はちゃんとついていました。
ここのは電気式の温風ヒーター、首振り式。

PC284580.jpg

次はまたまた八戸方面の列車で北へと移動します。
駅舎内では同じ方向へ向かう地元のおばさまとちょっとお話をさせて頂きました。
岩手の方言に直接触れて、旅気分が更に盛り上がりました…。

PC284568.jpg

小鳥谷駅の構内。跨線橋からの撮影。
駅は片面+島式の2面3線です。
駅舎がある片面ホームは下り(八戸方面)、島式の方に上り(盛岡方面)列車が着きます。

PC284567.jpg

さて、冬の15時過ぎ、しかも東北となるともう既に日没が近い感じになってきますね。
旅の初日、明るいうちに訪問できる場所は、次の訪問地が最後となります。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/945-124cf5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)