懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第10回 二戸の町並み~前編
最北を目指す旅、と銘打っておきながら、いまだに岩手県内をウロウロ中です(汗)
「ホントに最北目指してるの?」と聞かれてもおかしくないですよね~。。。
まぁ、いろいろ寄り道しながらの旅ですので、生暖かく見守って頂けると嬉しいです。



PC284581.jpg

初日のデイタイム最後の訪問地は、二戸になります。
写真は二戸駅の橋上駅舎から見た駅東口側。こっちが正面のようですね。
二戸駅は町の中心部から結構離れているので、駅前の賑わいはイマイチ。

PC284582.jpg

二戸駅(岩手県二戸市)
1891年開業。新幹線の停車駅でもあります。
二戸を名乗ったのは国鉄民営化の直前の1987年2月。
開業当初は福岡駅、その後1921年からは北福岡駅、そして二戸駅へと改称してます。

駅前には久慈行きのバスが停車中。
年末帰省客が多いのか、満席御礼状態でしたね。
首都圏から久慈に行く場合、二戸でバスに乗り換えるのが一般的なんでしょうかね。

PC284585.jpg

ここ二戸では町歩きをする予定です。

上述のとおり目的の町並みと駅とが離れているので時間節約のため往路のみタクシー利用。
距離にして2kmちょい。料金は1000円ちょいです。
二戸シティホテル前でタクシーを降り、町歩きスタート。
ここから歩きながら二戸駅まで戻って行きます。

PC284590.jpg

福岡地区を南北に貫く道は、県道274号線。一戸で散策した道と同じです。
旧国道4号線で、二戸でもこの道沿いに古い町並みが見られます。

PC284591.jpg

下町、下中町、中町、裏小路、町裏など、惹かれる町名が並びます。
福岡は南側の山上にあった九戸城の城下町だったところ。
二戸城じゃなくて九戸城なんですね~。

因みにですが、一戸と二戸が岩手県、三戸・五戸・六戸・七戸・八戸が青森県、
そして九戸が再び岩手県になります。四戸だけありません。面白いですね。

PC284592.jpg

脇道の先に見えるお寺は善導寺。

PC284593.jpg

こちらは県道274号沿い。望楼が目を引く建物は、消防団関連のもの。

PC284598.jpg

街道沿いには背の高い重厚な商家が多く立ち並び、見ごたえは十分です。

PC284601.jpg

凝った意匠の近代建築。なかなか格好イイ。

PC284604.jpg

この阿部繁孝商店さんは、二戸の町並みの紹介で取り上げられることが多い気がします。

PC284605.jpg

みんな読んでる岩手日報!
二戸の先人・田中館愛橘氏…、って誰?
(調べると戦前に活躍した日本を代表する物理学者、とのこと)



続く

スポンサーサイト


コメント
四戸がないのだ・・・なんのこっちゃ
福岡っていうと、やっぱし小松製菓なのだ。
ここの南武せんべい(ぴーなっつ)が軽くてこうばしくて
ちょっと高いけど、何枚でも食えちゃうのだ。
もちろん一戸のやつもうまいんだけど、ちょっとはらにたまるのだ。
・・・一戸のとんかつ弁当揚げたてをも一回食いたいつるみん

あべどりさんは、すいません、知らないんですけど、
南部美人の酒蔵はわかったりします。
結構軽くてのみ安いので、ふたをあけっぱなしにすると
夜明けごろには、自然蒸発しちゃったりしています。
・・・一升瓶のふたはこまめにしめましょうはじめっち

福岡といえば水沢とかみたいに応援団が有名で、
有史以来洗っていない(いやうそだべ)学ランを着て、
甲子園まで歩くとか歩かないとかいわれていたす。
町の人に夏祭りに行ったとき、「祭りの行進に応援団出ないんすか?」と聞いたら
昔はやったけど、不潔だから今はないんだそうす。
バンカラ応援も引き継ぐものもいなくなって・・・とか言っていたす。
・・・真偽のほどは定かじゃないけどすゆたか

岩手日報はけっこう面白い書籍を販売しています。(自分ら比)
上・下閉伊郡の地名とか、長安寺などの県内歴史的建造物を取り上げたもの
はては「コミックいわて」とか県ゆかりの漫画家の作品集など。
新聞も県内では(十勝道民が十勝毎日新聞オンリー並みに)部数が多いです。
田中館先生(田舎館、平館なんて地名も多いです)は知りませんでしたが、
金田一京介?耕介?先生とおっしゃる有名な言語学者さんもこの近くですよね確か・・・
・・・岩手も結構面白いですみならいかのん
[2015/10/23 16:03] URL | つるみん&はじめっち&ゆたか&みならいかのん #- [ 編集 ]

Re: 四戸がないのだ・・・なんのこっちゃ
>つるみん&はじめっち&ゆたか&みならいかのん さん

コメントありがとうございます。

二戸の南部せんべい、全然把握してなかったのでスルーしてました(恥
駅舎とか町並みを最優先にしてるんで、食に対してはかなり疎い方です…。

南部美人は好きな日本酒のひとつです。
この旅でも車内で飲む用にワンカップ南部美人を買っています。
最近、自宅近くの酒屋さんで並んでるのを見つけたので、気軽に買えそうです。

バンカラ応援=福岡高校っていうイメージですねぇ。
だからこそ水島新司さんもドカベンの題材に使ったんだと思います。
常勝明訓に唯一土をつけた高校として描かれるとか、凄いです。

言語学者の金田一京助さんは盛岡市出身みたいです。
二戸にある金田一温泉とは関係あるのかないのか、分かりません。。。
ただ、苗字は「きんだいち」ですが、温泉は「きんたいち」。ちょっと違います。
[2015/10/25 16:06] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/946-7983b7de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)