懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第12回 乙供駅と東北温泉
八戸で乗り換えて、青森へ向かう途中、もう一箇所寄り道です。
18:04、乙供着。乙供で「おっとも」と読みます。

PC284648.jpg

乙供駅(青森県上北郡東北町)
1894年開業。駅舎は古い木造駅舎が今でも活躍中。
東北町の町役場は隣の上北町駅にあるものの、
ここ乙供駅も町の代表駅のような扱いを受けています。

PC284647.jpg

七戸町や新幹線の七戸十和田駅にも比較的近く、路線バスが出ています。
(上北町駅からも同様。便数は上北町の方が多いようです。)

PC284645.jpg

快速停車駅(停まらない快速もあり)で、かつて特急はつかりが走っていた時代には、
一往復だけですが停車する便があったそうです。
一応中堅クラスの駅、ってとこでしょうか。デイタイムのみですが窓口営業してます。

PC284658.jpg

さて、ここで降りたのは駅舎が見たかったのもありますが、
この駅近温泉、東北温泉に入るのが第一の目的でした。
駅舎内にはご丁寧にgoogle mapを印刷したものが掛けられていました。
写真にあるとおり、駅から徒歩10分。気軽に立ち寄れる温泉です。

PC284650.jpg

駅前の様子。乙供タクシーさんが目の前に。

旅に出る前に乙供の地図をパッと見た時、なぜか駅の正面が反対側にあると勘違いしてました。
実際に来てみると、思ってたのと反対側に出入口があり、脳内の地図を修正するのに
少し手間取りました…。

PC284654.jpg

ゆっくり歩いて10分くらいで、無事に東北温泉に到着です。

東北温泉は、日本で数少ないモール泉で、更にその中でも最も黒いと言われています。
http://www.touhoku-onsen.com/ ← 東北温泉ホームページ

<基本情報>
営業時間:5:30~22:00
入浴料 :中学生以上300円、小学生150円

泉温47.5℃の弱アルカリ性単純温泉、モール泉が源泉掛け流しで楽しめます。
施設は銭湯に毛が生えた程度のもの。脱衣所と浴室の広さは十分ですが、
大広間のようなスペースはありません。自動販売機コーナーがあるくらい。

PC284652.jpg

しっかり温まって、乙供駅に戻って来ました。
東北温泉から出ると、外には雪が舞っていました…。

PC284659.jpg

乙供での滞在時間は約1時間。19:00発の青森行き電車で、一気に青森へ移動です。
乙供から青森はちょうど1時間…。強まる雪の中を青い森鉄道は走って行きますが、
外が何も見えない単なる移動というのはかなり退屈なものです…。



続く

スポンサーサイト


コメント

シンプルだけど落ち着きのある配置の待合室ですね。

[2014/04/14 05:39] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


>ぞうまささま

とても均整の取れた配置だと思いました。
計算され尽くしたものなのか、偶然の産物なのか判りませんが…。

周囲は商店も多く、予想よりもしっかりとした町でした。
明るい時間帯も見てみたいところです。
[2014/04/14 08:26] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/948-572bda12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)