懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第16回 晩生内駅の木造駅舎
PC294742.jpg

7:52、晩生内駅に到着。晩生内で「おそきない」と読みます。
札沼線で数少ない、木造駅舎が残る駅です。

PC294743.jpg

終点・浦臼へと向かう列車を見送ります。
自分が下車して車内の乗客は一人に。どこまで行かれたのでしょうか…。

PC294747.jpg

PC294749.jpg

晩生内駅(北海道樺戸郡浦臼町)
1935年開業。上述のとおり「おそきない」と読む難読駅。
今は無人駅ですが、2007年までは簡易委託駅だったようです。

PC294757.jpg

駅前風景。真っ白ですが…。
駅の周囲は小さな集落を形成していました。

PC294751.jpg

無人になって6年半が経過した駅舎内。
窓口は塞がれることなく、そのままの状態が保たれているようです。
駅舎内にストーブなどは無いので、結構寒いです…。

PC294752.jpg

片面ホームのみの晩生内駅。
ホームのすぐ前は国道275号線が走ってます。

PC294755.jpg

これから何度も目にすることになる、本場の味サッポロビール提供の駅名板。

PC294759.jpg

鉄製ラッチ。何となく寂しげな光景。
雪は弱まったり強まったりを繰り返しつつ、降り続けています…。

PC294760.jpg

さっき降りた列車が浦臼で折り返してやって来ました。
晩生内8:17発。この列車でちょっと戻ります。

PC294761.jpg


続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/952-2d546f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)