懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第17回 札比内駅の木造駅舎
PC294764.jpg

次に降りたのは晩生内のひと駅隣の札比内駅です。8:22着。
札比内で下車したのは自分一人。代わりに高校生っぽい男の子2人の乗車がありました。

PC294762.jpg

札比内駅(北海道樺戸郡月形町)
1935年開業。晩生内駅と並び、札沼線において木造駅舎が残る数少ない駅のひとつ。
駅舎の外観は左右が逆ですが晩生内駅にとてもよく似ています。

PC294765.jpg

1961年から業務委託駅に、1979年から簡易委託駅に、
そして2010年から完全無人化されたそうです。
完全無人化は意外と最近なんですね…。

PC294766.jpg

駅舎内部はとても狭いスペースです。隣の晩生内より狭い。
木製ベンチには、暇つぶし用の漫画なんかが置かれていました。

PC294770.jpg

ホームは片面のみ。もとは島式ホームだったみたいですが。
ホームの前はただただ真っ白で、何があるのかよくわかりませんでした。。。

PC294771.jpg

駅前には線路に平行して国道275号線が。
そして駅の正面、国道沿いにあるのは薬局でした。
朝の食糧を調達しようと思って覗いてみると、カップ面くらいしかありません。
お店の方に聞くと、50mくらい歩くと食料品店がある、と教えて下さいました。

PC294774.jpg

真っ直ぐに伸びる国道275号線沿いに立ち並ぶ家々。
札比内は晩生内よりもだいぶ"町"のようです。

PC294775.jpg

駅周辺をうろうろしているうちに、ちょっと陽が射しました。
よく分からない天気です…。

PC294779.jpg

札比内の町から東方面を向いて。こちらは雪原が広がるばかり。
でもこれが「北海道っぽい風景」かなぁ、と思いました。個人的に。

PC294780.jpg

札比内の町と札比内郵便局。

PC294781.jpg

札比内駅の少し北側にあるお寺さん。
境内へ至る参道を線路が横切るタイプ。
ホントはここを見るつもりだったんですが、写真撮影したり商店で買い物したりしていて
なんと時間が無くなってしまい、正面の写真を撮るだけとなってしまいました…。

お次は8:51札比内発の新十津川行で札沼線の終着駅・新十津川を目指します。
これまで乗ってきた列車は浦臼往復の便だったので空いていましたが、
札比内から乗った列車は新十津川まで行く最初の便。
車両はキハ単行。車内は各ボックス席に1~2名というそれなりの乗車率。
そしてそのほとんどが鉄の旅人なのでした…。

札幌で乗り継ぎに失敗していたら、この晩生内&札比内への訪問を諦めることになってたので
ホント、諦めないでダッシュして良かったと思いますね。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/953-c9196329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)