懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第21回 北一已駅の木造駅舎
PC294900.jpg

秩父別から戻るということは、この駅しかありませんよね。
13:13頃、北一已駅に到着です。(定刻であれば13:05着)
下車すると、運転士さんに軽く驚かれました。まぁ、そういう駅、ということでしょう。

…、と、駅舎を最初に見て「なんじゃこりゃ…」と思いました。
確か草臥れた木造の外観だったはずなのに、全部ボードで覆われとるやないですか…!
しかも状態が結構新しいので、最近に施工されたものっぽい。

PC294909.jpg

とりあえず駅舎の正面から見てみることに。
駅舎の入口は防寒のため、二重構造になってます。

PC294911.jpg

正面から見てもやっぱり同じ状態でした…。
期待していた姿とのギャップに、しばしガッカリ感を味わいました。
秩父別では晴れたのに、ここではまた強めの雪に。
まぁこの雪のおかげで写真としては「見れる」写真になってる、でしょうか??

PC294913.jpg

そしてこちらが駅前風景…。なんもなし(笑)
雪が深くて駅舎からあまり離れることもできませんでした。

PC294906.jpg

駅舎の中に、在りし日の北一已駅の姿が飾られていました。
うぅ、この姿を見たかった…。

北一已駅(北海道深川市)
1955年開業。駅舎は開業当初からのもののようです。
開業時は「きたいちゃん」駅、1997年からは「きたいちやん」駅に。
いずれにしても難読ですね。

PC294903.jpg

記録がある最新でも1992年、一日平均乗車人員はわずかに6人。
今はどうなっているんでしょうか…。
下車して運転士さんが驚くくらいですから、推して知るべし、か。

PC294905.jpg

電話番号シンプルすぎ。

PC294914.jpg

13:27、増毛行き普通列車の到着です。
さっきの深川行きは7,8分遅れでしたが、この便は定刻どおり。
北一已駅での滞在時間は14分間でした。

深川駅からやって来たこの列車は適度な混み具合。
クロスシートは埋まっていて、しばらくはロングシート部分に座って景色を眺めます。

PC294915.jpg

板張りホームの真布駅ですが、雪でよく分からず…。
ホームにある木造待合室もいい感じの駅です。

PC294921.jpg

列車は峠を越えて留萌方面へ。

PC294922.jpg

また陽が射して来ました。ホントによく分からん天気です。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/957-eb66bd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)