懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第22回 終着駅・増毛駅
PC294934.jpg

留萌本線の終着駅、増毛にやって来ました。これにて留萌本線も完乗!
(4927Dにて北一已13:27発→増毛14:47着)
氷漬けのようになった車両前面を見て、冬の北海道の厳しさを改めて感じます。

PC294933.jpg

増毛駅(北海道増毛郡増毛町)
1921年開業。「ぞうもう」駅ではなく、「ましけ」駅。
でも増毛祈願の切符なんかもあるみたいです…。
更に、「ぞうもう」駅の対極にある駅として予土線の半家(はげ)駅が挙げられるとか。

PC294937.jpg

片面ホームのみの棒駅。以前は転車台もある終着駅だったようですが、
今はホームのすぐ先、駅舎の前あたりで線路は途切れています。。。

乗って来た列車は14:47着。折り返し便は15:38発。
すぐ折り返して行ってしまう便が多い中、滞在時間が捻出できる数少ない便です。
大きい荷物は車内に置いたままにさせてもらい、町の散策へと向かいます。
なお、車両は発車20分前まで出入りできなくなるみたいですね。

PC294938.jpg

増毛駅は無人駅ですが、駅舎内に孝子屋ぐるめ食品という海産物屋さんがあります。
パッと見、食堂かな?と思ったんですけど、そうではなさそうです。

PC294940.jpg

自分以外にも数名、鉄の旅人と思われる方がいらっしゃいました。
駅舎で休憩される方、買い出しや散策に向かう方、
みなさん思い思いの過ごし方をされていましたね。自分はもちろん散策です…!

PC294943.jpg

増毛駅の木造駅舎。ちょっと小奇麗すぎる感はありますけど、
終着で木造駅舎に迎えられるというのは嬉しいものです。

PC294944.jpg

駅前に佇むのは、堂々の木造3階建の旅館富田屋さん。
1933年築。しかし、残念ながらもう営業はされていないそうです。

PC294947.jpg

駅舎を出て左手前方向(西南方向)は高台になっていて、すぐに坂道になります。
こっちの方にちょっと見ておきたい物件があるので、まずは坂を上って行きます…。

PC294948.jpg

増毛に着いてからは雪は降らず曇天のままだったんですが、
坂の途中で風が強まり、ふと振り返るとこんな真っ黒な空になっていてビックリ。
ちょっと怖さを感じるくらいに黒い空…。

PC294950.jpg

今にも吹雪になりそうな空と、真冬の日本海。
自分の中で印象に残った増毛の光景はコレですかね…。
なんせこの後しこたま雪に降られましたから…。



続く

スポンサーサイト


コメント

列車の本数が少ないローカル線、終着駅で折り返し時間があるのはいいですね。

旅館の文字が右から左へというのも時代を感じます。
[2014/04/27 05:57] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま

本数が少ないだけに、折り返しで時間を取らざるを得ません…。
プラン作成時に頭を悩ませるポイントでもあります。
何もない町ならまだいいですが、増毛は町並みがイイので、何としても時間が欲しかったんですよね。
駅前旅館にはかなり惹かれました。
[2014/04/27 07:39] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/958-56a59483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)