懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第38回 下沼駅と安牛駅
PC305470.jpg

旅の3日目ラストの記事になります。
天塩中川を出て真っ直ぐ投宿地に行かないんですねぇ。落ち着きないですねぇ(笑)

PC305458.jpg

下沼駅(北海道天塩郡豊富町)
1926年開業。かつては有人駅で交換可能駅でしたが、今は無人の棒駅になってます。
駅舎は有人駅時代のものは解体され、1986年から今の貨車駅舎に。

PC305459.jpg

貨車内、というか駅舎内。
地元の方によってキレイに保たれています。

古いデータしかありませんが、1992年の一日平均乗車人員はわずか6人。
今の利用者がどのくらいいるのか、知るのが怖いところです。
もう秘境駅と言ってもいいレベルと思われます。

PC305461.jpg

駅舎の内壁に描かれた長閑な絵。でもまぁ落書と言えば落書。
本当に真っ暗で周囲がよく分かりませんでしたが、
広大なサロベツ原野が広がる場所なんだそうですよ…。

PC305467.jpg

ミニ三脚を雪に突き刺して長時間露出撮影。
何の音もしない静寂の秘境駅で撮影を楽しみました。

PC305473.jpg

下沼駅のすっきりとした時刻表。一日わずかに4往復です。
自分は17:54着で18:10発。一番効率的な訪問パターンでしたかね。

PC305479.jpg

下沼から4駅戻って安牛駅にやって来ました。下沼18:10発、安牛18:54着。
やたら時間が掛かっているのは、途中の幌延で24分間の停車があったからです。

PC305485.jpg

安牛駅(北海道天塩郡幌延町)
1925年開業。1984年に無人化され、その後に現在の貨車駅舎になりました。
その貨車の傷みっぷりは宗谷本線でもトップクラスとの噂です。

PC305481.jpg

安牛駅の駅舎内。さっきの下沼に似てますね。
まぁ貨車駅舎なんで、特徴なんて出ませんよね。

PC305483.jpg

こちらは安牛駅の時刻表。下沼から更に少ない一日3往復でございます。
朝と晩なら短時間訪問が可能なダイヤですね。
夕方でも1時間で折り返しが来るので、長時間放置されることはない駅ですね。

PC305487.jpg

駅舎外壁の模様は、芸術的ですらあります。

PC305491.jpg

滞在の13分間はあっという間。
気づいたら列車が入線するところで、慌てて乗車しようとホームへ。
でもって乗り込む途中でいきなりドアを締められ、軽く挟まれました。
普段誰も乗らない駅だから運転士さんも油断したんでしょうけど、しっかりしてもらいたいところ。

PC305496.jpg

19:18終点の幌延駅に到着。
これにて3日目の旅程は終了。

駅前の民宿に投宿し、地元の居酒屋でおばちゃんと雑談を楽しみました。。。
次回からいよいよ旅の最終日が始まります。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/975-49a7523d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)