懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第42回 日本最北・稚内の町
PC315640.jpg

幌延からちょうど1時間、9:05に日本最北の駅・稚内駅に到着です。
「最北を目指す旅」、第42回にしてやっと目的地に到達したことになります。
連載開始からひと月半。いやぁ、稚内って遠いのね…(違)

稚内市は枕崎市と友好都市のようですね。最北の終着駅と最南の終着駅つながり、か。
記事にしてませんが、同年夏に既に枕崎には訪問済みなので、これにて両駅踏破。

PC315642.jpg

「日本最北端の駅」の碑があります。いちいち感慨深い。

ホームは1面1線のみで、ちょっと物足りない感じでしょうか。
そういえば枕崎も同じような感じでしたね。まぁこちらには枕崎よりも近代的な駅舎がありますが。

PC315644.jpg

こちらは2012年に全面開業した新駅舎。
ガラス張りの駅舎内は採光性に優れ、とても明るい雰囲気。まぁ、天気がいいからですけどね。
ここは道の駅わっかないも併設。カフェや立ち食いうどん・そば、食堂なんかもあります。

ここでは2時間近く過ごすので荷物を駅のコインロッカーにぶち込み、身軽になります。

PC315645.jpg

稚内駅(北海道稚内市)
1928年、稚内港駅として開業。当時の稚内駅は現在の南稚内駅でした。
かつて日本領だった南樺太とを結ぶ稚泊航路の連絡駅として活躍。
初代駅舎はなかなか存在感のあるいい駅舎だったようですね。
2012年に全面開業した現駅舎は3代目。
駅舎前までかつてあったレールを残しています。

PC315649.jpg

稚内駅から歩いて数分、というかすぐ、見えてくるこのインパクトある構造物。
稚内港北防波堤ドームと呼ばれる土木遺産です。

PC315652.jpg

桟橋との連絡路と防波堤の役割を兼ねたもので、1931年から5年かけて作られました。

PC315662.jpg

人口約3万6千人の稚内市。
町としてはどちらかというと南稚内駅界隈の方が賑やかだそうです。

PC315663.jpg

中央1丁目にある、朝日ボウル。
恐らくここは日本最北のボーリング場。

PC315667.jpg

この大きな鳥居は、北門神社。
鳥居から海の方を向くと、先ほど歩いた北防波堤ドームが見えます。

PC315670.jpg

鳥居からえっちらおっちら階段を上ると、北門神社の本殿が。
本殿へと続く階段では地元の方がスコップを持ってガリガリと氷を剥がす作業中でした。
初詣に向けた準備、といったところでしょうかね。

PC315669.jpg

北門神社から稚内市街の家並みを見下ろす。
海の碧さがとても印象に残っています。

PC315677.jpg

市街地にある、相沢食料百貨店さん。
稚内駅界隈で見た中では最大のお店かと思います。
なかなか年季の入った中型の百貨店(?)で、個人的に好みの姿に思わずカメラを向けます。

PC315681.jpg

ロシアから来る人も多いのでしょう、ロシア語表記のあるお店が並ぶ稚内市街の商店街。
カラスがバッサバッサと飛んで行きます。

PC315682_20140517022016ee5.jpg

偶然見つけたこちらは、北見商会社屋・佐賀宅
1911年築の近代洋風建築。

PC315686.jpg

踏切を越えて海側へ。この踏切は大通り踏切。日本最北の踏切になります。

PC315690.jpg

微妙に時間が余ったので稚内港のターミナルを見に行きました。
近くにはロシアの貨物船が停泊中。

PC315691.jpg

利尻や礼文へ向かう航路は、ちょうど便のない時間帯だったようで、
ターミナル内に人影はほぼゼロでした。
ここはサハリンとの国際航路なんかもあるようですね。

さて、これにて稚内散策は終了です。
最北を目指す旅の「最北」とは稚内駅および稚内市街のこと。
別に宗谷岬には向かいません。ここまで来て行かないのもどうかと思いますが…。
実は行こうと思えば宗谷岬も行けたんですけどね。
自分は木造駅舎を優先したのであります。。。

稚内10:51発の普通列車で再び移動します。


続く

スポンサーサイト


コメント

稚内駅、近代的な駅舎になったのですね。

この町を最後に訪れたのは、30年以上前のことになってしまいました。
[2014/05/24 05:52] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


〉ぞうまささま

お返事が遅くなりました。申し訳ないです。
自分もこれから30年くらいは再訪しなさそうですね〜。
稚内駅は新しい駅舎でキレイでした。
終着駅の風情は乏しいですが、あまり文句は言えませんね。
ホント、次いつ行くのか…。宗谷岬や利尻島&礼文島を巡る旅とかやってみたいですね〜。
[2014/05/26 02:32] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

防波堤ドーム
こんな美しい防波堤初めて見ました。すごい列柱ですね〜。
新しいのかと思ったら1931年築の土木遺産とは!!
列柱の後ろは通路なんでしょうか。
いや〜、不思議。見てみたいなぁ。

[2014/05/28 11:59] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]

Re: 防波堤ドーム
>ぷにょさま

防波堤の中は歩道?みたいになっていました。
かつてはサハリン航路の連絡船乗り場へ続く道で、多くの人が歩いていたそうです。
自分が行った時にはツーリングと思われるバイクのグループが集まっていましたが…。
とっても美しい建造物ですよね。稚内を代表する物件だと思います。
[2014/05/28 23:18] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/979-e9453f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)