懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 最北を目指す旅 第44回(最終回) 南稚内駅、そして
PC315732.jpg

抜海からひと駅目、南稚内駅で下車します。

PC315733.jpg

ここは日本最北の、「南」を冠する駅。
稚内駅が棒駅なのに対し、こちらは交換可能な駅です。

PC315735.jpg

特急は全便停車しますし、駅にはみどりの窓口もあります。

PC315736.jpg

PC315739.jpg

南稚内駅(北海道稚内市)
1922年、稚内駅として開業。当時は頭端型ホームでした。
1928年に稚内港駅(現在の稚内駅)まで延伸、1939年に南稚内駅へ改称。
駅舎は1953年築の木造モルタル製、とのこと。
2012年度、一日平均乗車人員は102人。

PC315740.jpg

PC315748.jpg

写真は駅を出て右手に伸びる飲み屋街。
お昼なので食事が出来る場所を…、と探して回りましたが、
駅の近くでは適当な営業中のお店をみつけられず…。

PC315749.jpg

フリーマーケット稚内。英語はなくてもロシア語表記はあるんですよね。

PC315752.jpg

大黒4丁目にあった、道北の総合スーパーの雄・西條。名寄でも見ましたね。
ここに入れば食事はできたと思いますが、
残念ながらこの時には食事を摂るだけの時間が残っていませんでした。

PC315755.jpg

朱色が印象的な、稚内念法寺。

PC315759.jpg

大黒3丁目バス停から乗るこのバス。
大晦日の午後、飛行機で北海道を脱出します。

PC315765.jpg

稚内空港へと向かうバスの車窓から。
宗谷岬方面の丘の上には風力発電の大きな風車がいくつも見えました。
紺碧の海と白い雪、大きな風車、どれも記憶に残っています。

PC315768.jpg

南稚内駅界隈から約25分、稚内空港へと到着します。

乗るのは13:35発のANA572便、羽田空港行き。
稚内は新千歳2往復と羽田1往復しか定期便がありません。(2013年12月時点)
利尻にも礼文にも飛んでないのは意外です。

帰路に空路を利用するのは、大晦日と元日に限り、どの路線も1万円で乗れたからです。
(毎年やってるのか、ANA以外もやっているのかは分かりませんが)

PC315770.jpg

機上の人となり、窓から最北の地に別れを告げます。

さて、普通に飛んでますが、プランを組むにあたり、この最後のフライトは大きな懸念材料でした。
というのも、稚内空港は風雪の影響を強く受ける立地のせいで、たびたび欠航になるから、です。
就航率(予定通り飛ぶ率)は冬で80%前後という話。(←確認は取れてません)
で、その就航率が全国ワースト2位であるという情報も。

ネットで見た他の旅人の記事では、欠航になったため、翌朝一新千歳発の便に振り替えし、
稚内から夜行バスで札幌まで移動する、というリカバリー方法を採用していました。
翌日の稚内発を待つのもありですが、翌日に飛ぶ保証はないですからね。

この大晦日、天気に恵まれたのは幸運でした。
ちなみにこの翌日・元日は大荒れの天気になったようで、危ないところでした(苦笑)

PC315785.jpg

天塩山地(たぶん)の山並みで、今回の北海道旅行記を締めたいと思います。
全44回に渡ったなかなか進まない旅の記録を見て下さった方、有難う御座いました。

この後は羽田から栃木に移動し、夜中に嫁さんの実家に到着。
北海道経由で来た、という話にみんな引き気味でした(笑)

高校の修学旅行以来、17年ぶりの北海道。
鉄旅はもちろん初めてでした。
冬の北海道、幸い寒さはそこまで厳しくなく、ダイヤも大きく乱れることもなく、
無事に旅を終えることができました。
一度行くと二度目も行きたくなるもの(笑) 今度は夏の北海道、道東の方に行きたいですね~。


スポンサーサイト


コメント

お疲れ様でした。
今回のシリーズも楽しませていただきましたよ~。
ってか、札沼線→留萌本線→宗谷本線の駅めぐりってシブ過ぎです(笑)。
イイなぁ…僕もこんなにたっぷり北海道の駅、周り倒したいです。

それにしても、ちょっと時季外れなのもありますが、
改めて、年の暮れの押し詰まった日程の旅とは思えません(笑)。
そりゃ、フツーの人ならなおさら、北海道経由なんて信じられませんって(笑)。
「もう全然 意味ワカンナイ、ワッカンナイ、稚内…ばんざーい!」
とか言うヒトいませんでした? ←それこそドン引き
[2014/05/28 03:00] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]


旅の終わりは、飛行機だったのですね!

大晦日の旅行、今の仕事では当分行くことは出来ないのです…
[2014/05/28 03:02] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


〉Kyo-toさん

最後までお付き合い頂いて有難う御座いました!
義父がダジャレ好きで似たような稚内ネタを披露してましたが、
誰も拾わずに黙殺していました((( ;゚Д゚)))
嫁さんの実家は恐ろしい所です。

初の北海道鉄道旅行は、焦点を絞ってみました。
留萌本線で見残した駅がいくつかあるのは心残りですが、
宗谷本線は結構たくさん巡れたので満足してます。
なかなか北海道に行く機会がないことを考えると、もっと浅く広く乗っておくべきだったかな、とも思いますが…。
そうこう考えているうちに、今朝トワイライトエクスプレスの廃止決定のニュースが来ましたね…。
これは惜別乗車で北海道旅行、でしょうか…。予約殺到しそうですけど。
[2014/05/28 10:58] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


>ぞうまささま

最後まで見て頂いて有難う御座いました。

ラストは華麗に空を飛びました(笑)
ホント、無事に飛べて良かったと思います。
下手をすれば稚内で新年を迎えるところでしたからね。

ぞうまささんのお仕事は大晦日は休めない性質なのですか…。
まあ、業界や会社によって様々ですよね。
うちはカレンダーどおりなので年末年始は休みますが、お盆は普通に出勤です…。
[2014/05/28 11:09] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/981-5b5fd93f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)