FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.6 タイ週末小旅行 第9回 線路上の市場~メークロン市場 前編
P6221534.jpg

旅の2日目は、いきなりバンコクから70kmほど西に離れたサムット・ソンクラーム県にある
メークロンという町から始めたいと思います。
バンコクからはロットゥーと呼ばれるバンでぶっ飛ばして来ました。所要1時間ちょい。

ここに来たのは、以前知り合いが訪問していて心引かれた「線路上に開かれた市場」を見るため。
線路は現役で、バンコクから鉄道でやって来ることもできるのですが、一日わずか3往復。
最初の予定では往路は鉄道にするはずでしたが、なんと朝寝坊をかましてしまい、
仕方なく面白くもないロットゥーでの移動となってしまいました…。

ちなみに、ロットゥーはバンコク市内は戦勝記念塔の真北側、高架下から出発します。

P6221537.jpg

現地に着いて、人の流れや建物を見ながらある程度見当をつけながら歩いて行くと、
薄暗い細道の先に、線路と露店が姿を現しました…!

P6221553.jpg

ひと目でも見てみたいと思っていたメークロン市場。静かに感動です。
ホントにレールぎりぎりまでお店が並んでますね~。

P6221556.jpg

市場に並ぶのは海鮮や野菜、果物のほか、干物やカエル?などなど。
興奮を抑えつつ、まずは市場の果て、つまりは線路の果てにあるメークロン駅へと移動します。
メークロン駅はこの市場が立つメークロン線の終着駅となります。

P6221571.jpg

メークロン駅に到着です。
大きな上屋に覆われた空間。ホームはほぼ平坦。
駅構内にもいろいろと露店が並んでいます。。。

P6221570.jpg

レールに腰掛ける男の子。

P6221596.jpg

この駅の中にあった食堂(かなりオープン)で、早めの昼食を頂きました。
メークロン市場に来たからには、やはり列車の通過風景を見なければ帰れませんので、
一日3往復の列車が来るのを待つことにします。
まだ2時間近くあるので、食事の後は市場以外の町並みを歩いてみます。

P6221618.jpg

メークロン市場の一本北側の道。

P6221620.jpg

なんでもありの下町風景が延々と続きます。

P6221634.jpg

前方に並ぶ建物の真後ろにメークロン線が走っていて、市場になっています。

P6221636.jpg

地元の子供たち。

P6221643.jpg

再び線路沿いに戻りました。レールの際まで直置きされたバナナさん。
ここはメークロン市場の東の果て(=メークロン駅の反対側)になります。

P6221644.jpg

言葉は通じませんが、撮られる気満々だった少年をパチリ。

P6221646.jpg

市場が尽きた先は、民家の裏口を掠めるようにレールが続いています。

P6221653.jpg

写真が多い記事になってますね…。
引き続き次回もメークロン市場になります。。。



続く


2014.6 タイ週末小旅行 第8回 アユタヤのスナップなど
P6211470.jpg

ずっと乗ってきたレンタサイクル。よく見ると警視庁のシールが。。。

P6211472.jpg

アユタヤの中之島(勝手に命名)の南端を通る幹線道路にて。

P6211478.jpg

わき道にそれて猫に出会う。

P6211482.jpg

散歩がてら涼む市民。自転車で走り回る子供。
普通の公園の風景ですが、背景が公園ってレベルではないですな。

P6211487.jpg

木々のトンネルを行く道。

P6211494.jpg

またまたわき道に入りこむと、楽しく遊びまわる子供たちの姿がありました。

P6211497.jpg

中之島の東側を南北に通る道。
この道沿いにはお店がたくさん並んでいるようでした。
バックパッカーの宿なんかもここに多いみたいです。

P6211499.jpg

最後はフラフラになりながら、アユタヤ駅まで戻ってきました。
全行程20km、見学含めた走行時間4時間。お疲れです。
自転車を返して駅に入ると、半ば予想通り、列車は遅れています。

P6211505.jpg

遅れているおかげか、予定より一本前の列車に乗ることができました。
一本前といっても遅延してるので早い訳ではないんですけどね。
やっぱりアユタヤからバンコク方面は乗り込むお客さんも多いです。

P6211518.jpg

今度の車内はこんな感じ。
革張りのシートがどこかJR九州っぽいでしょうか??
でもやっぱり空調なしの窓明け車両。
座席はほぼ埋まっていて、自分も通路側に着席。(指定席です)

P6211520.jpg

アユタヤから1時間強、バンスー駅で下車。
この前の週に訪れたばかりのバンスー駅ですね。

http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/blog-entry-1041.html
↑バンスー駅訪問記事

ここから地下鉄に乗り換え、バンコク市内のゲストハウスで宿泊となりました。
同室に中国人とベトナム人と日本人、いろいろカオスな組み合わせでしたが、楽しかったです(笑)

次回より旅の2日目になります。



続く


2014.6 タイ週末小旅行 第7回 ワット・チャイワッタナラーム遺跡
P6211414.jpg

ワット・マハタート遺跡を離れ、地図を片手に炎天下のサイクリングです。
道路脇には名前もよくわからない遺跡がゴロゴロ。

P6211417.jpg

四方を壁に囲まれた空間に、大きな仏像が鎮座。
調べてもよく分からない遺跡です。こんな立派なのに。

P6211419.jpg

P6211421.jpg

こちらはガイド本にも出てくる知名度の高い遺跡、ワット・ロカヤスタ。
全長57.7m、高さ8mの涅槃仏です。青空涅槃仏を見るのは初めてかも…?

このワット・ロカヤスタでジュースを買って水分補給&小休止の後、再び次の遺跡へ。

そしてしばらく走った後、カメラを置き忘れたことに気付き(驚愕)、慌てて引き返しました。
売店のおばちゃんが持っててくれたみたいで、無事に手元に戻ってきて一安心。
気付いた瞬間に変な汗をかいて、その後の全力疾走で大汗かいて、
せっかく補給した水分全部出た感じでした…(苦笑)

P6211430.jpg

最後に訪れた遺跡は、主要な遺跡の中で駅から一番遠い、ワット・チャイワッタナラーム。
どれだけ遠いかと言うと、Google mapによると約7kmですね。
遠いのは分かっていましたが、このどこかアンコール遺跡っぽい外観に惹かれ、
一番見たいと思っていた遺跡なので、暑い中がんばりました。

P6211435.jpg

P6211437.jpg

ワット・チャイワッタナラームも、他の遺跡同様、巨大な廃墟。
崩れかけの仏塔と、首のない仏像が立ち並びます。

P6211439.jpg

P6211444.jpg

仏塔内の仏像はちゃんと頭がついてました。

P6211446.jpg

中央の仏塔には急峻な階段が設置されていて、多くの観光客が登って写真撮影してました。
一応この遺跡にも「遺跡に登るな」という内容の看板があったように思います。
あまりにみんな登ってるので良いのか?と思いましたが、念のため、登るのは止めときました。

P6211460.jpg

朽ちかけた石造りの仏塔に無数にある隙間に、多くの鳥たちが巣を作っていて、
遺跡は鳥だらけ。いろいろな野鳥の鳴き声が響き渡っていました。

P6211466.jpg

とある門の上に残っていたレリーフ。
きっとかつては美しいレリーフだったと思われますが、侵攻を受けた際に
これも顔が削ぎ落とされてしまっています。。。(分かります?)

P6211469.jpg

見学を終え、駅方面に戻る途中、橋の上から見えたワット・チャイワッタナラーム遺跡。
なかなか形の整った美しい遺跡だったと思います。わざわざ来て良かった…。
でももう自分の体力は限界を迎えつつありました…。

アユタヤのサイクリング全行程で約20km走ったんですが、学生時代のように普段から乗らないので
疲れ方が尋常ではないですね。暑さのせいもありますかね。あ、あと歳のせいも(笑)



続く


2014.6 タイ週末小旅行 第6回 ワット・マハタート遺跡
P6211362.jpg

最初の遺跡、ワット・マハタートです。
入口にはこんな看板が…。
タイ語と英語ではシンプルに書かれているのに、日本語だけ事細かに…。
コレ、絶対日本人向けの看板だな、と思いました。恥ずかしいなぁ。

P6211364.jpg

ここ、というかアユタヤの遺跡群はどれも朽ちた寺院跡みたいな場所になります。
広大な敷地に仏塔や首のない仏像が立ち並びます。

P6211371.jpg

これは有名なヤツですね。
個人的にはアユタヤと言えばコレ。

その昔ビルマ軍の侵攻を受けて寺院が破壊され、首を切り落とされた仏像。
その首の場所に木が生えて来て出来上がったものです。
顔がちょうど外側に向いているのが凄いですね。
下手したら後頭部が正面に来ていたかも知れない訳ですし。

P6211377.jpg

P6211382.jpg

まぁあまり一つ一つにコメントできるような遺跡ではないですね…。
案内板も特になく、ただただ朽ち果てた寺院跡を歩きます。
廃墟好きな人は好きな場所かもしれません。

P6211385.jpg

P6211392.jpg

ここは結構大きな構造物でした。
どこか天空の城ラピュタっぽさを…、感じませんかね。感じませんね。はい。

P6211398.jpg

自分は「ワット・マハタート」としていますが、
「ワット・マハータート」と紹介しているサイトや本もあります。
また、「プラ」をつけて「ワット・プラ・マハタート」等とする例も。

P6211399.jpg

入場料50バーツ(約170円)。安い。

P6211402.jpg

P6211407.jpg

ワット・マハタートの見学はこれくらいにして、他の遺跡へと向かいます。
有名どころは3~4箇所でほとんどが同じエリア(と言っても広いですが)にあります。
また、一般的に有名ではない遺跡であればそこらじゅうに散らばってます。
あまりに多いので、一つ一つはすごいはずなんですが、有り難みが薄くなってしまいますね。

P6211409.jpg



続く



2014.6 タイ週末小旅行 第5回 アユタヤ駅と、町の風景
P6211323.jpg

ホームから見るアユタヤ駅の駅舎。

P6211327.jpg

アユタヤの英語表記は「AYUTTHAYA」です。

P6211328.jpg

アユタヤは世界遺産。
そしてこのアユタヤ駅は市街地に位置していて利便性が高く、
地位が低いと言われるタイ国鉄も、バンコクとアユタヤの間だけは乗車率が良いみたいです。
確かに往路もアユタヤまではお客さん結構乗ってました。

P6211331.jpg

他の駅同様、改札はありません。。。
バンコク駅(フアランポーン駅)にも無いくらいなんで、もうどの駅にも無いんでしょうね。

P6211332.jpg

待合室は天井が高く、明るくて開放的。

P6211336.jpg

アユタヤ駅の駅舎を正面から。

実はホームからずーっとトゥクトゥク(=タイの三輪タクシー)の運転手に付き纏われてました。
まぁ観光地だから仕方ないんですけどね。

アユタヤ駅は遺跡からも近いとはいえ、遺跡の範囲も広いし暑いのでトゥクトゥクも一般的には
選択肢に入るんですけど、自分は駅前のレンタサイクルを借りると決めていたので
ずっと断り続けていたんですが、コレがまたしつこい!
最後は半分喧嘩別れみたいな感じになってしまい、アユタヤは初っ端から印象悪いです。。。

因みに運ちゃんの提示額は1時間250バーツ(約800円)。
でも駅前にいくつもあるレンタサイクル屋は一日50バーツ(約170円)。
予定通りレンタサイクルをして町へと繰り出します。

P6211340.jpg

駅の近くに聳えるコレはやっぱり給水塔でしょうねぇ。

P6211343.jpg

アユタヤの町は川に囲まれた島のようになっていて、駅からも川を渡る必要があります。
駅前から船が出てるという情報もあったんですが、よく分からなかったので
駅の南側に架かる橋を使って川を越します。

P6211347.jpg

日本で言う「昭和な感じ」の?建物を横目で見ながら、最初のターゲットに定めた遺跡へ。

P6211355.jpg

こんな可愛いリスが住み着いているのは、アユタヤを代表する遺跡「ワット・マハタート」。
遺跡に着いてもしばらくはこのリスの撮影に夢中でしたが…(笑)

P6211360.jpg

次回はワット・マハタートの紹介になります。。。



続く