懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.3 泉佐野の町並み~後編
P3219800.jpg

P3219802.jpg

P3219804.jpg

P3219806.jpg

P3219807.jpg

P3219810.jpg

P3219811.jpg

P3219815.jpg

P3219817.jpg

P3219822.jpg

P3219823.jpg

P3219832.jpg

P3219836.jpg

旧紀州街道の北側、細い路地が入り組んだエリアを彷徨っていると、
激渋銭湯を発見して大興奮。その名も大将軍湯と、かなり立派ですね。
風に揺れる牛乳石鹸の暖簾が見えた時は、かなりテンション上がりました。

入る準備も時間もなかったのでスルーせざるを得なかったのが残念。
また次に関空を利用する際に、入れれば良いなぁ、と思います。
それまで現役で頑張って欲しい、大将軍湯さんです。

大将軍湯の周辺の町並みもなかなか絵になるものでした。

訪問直前まで、泉佐野にこんな古い町並みが残っているとは知りませんでした。。。
時間があるので近くでどこか…、と調べて初めて知っただけです。
もう少し上手く活用すれば観光資源にもなるような気はしますけどね。
関空を利用する外国人観光客も多い訳ですから。


実はこの記事、まだ続きます…。



続く


2016.3 泉佐野の町並み~前編
P3219757.jpg

P3219763.jpg

P3219765.jpg

P3219769.jpg

P3219773.jpg

P3219774.jpg

P3219779.jpg

P3219784.jpg

P3219787.jpg

P3219788.jpg

P3219793.jpg

P3219795.jpg

P3219796.jpg

P3219797.jpg

昨年3月、所用があって上海を訪れた帰り、関空に到着してから少し時間があったので
関空への玄関口とも言える泉佐野の町を歩いたのでした。
南海泉佐野駅から北側、県道63号線の一本北側の旧紀州街道沿いに、
古い町並みが今でも残されていました。
朝日湯さんは恐らくもう営業されていないのでしょう。
旧紀州街道の一部はつばさ通りというアーケード商店街となっていましたが、
残念ながら活気はあまり感じられない通りとなっていました…。

旧紀州街道沿いだけでなく、そこから北側に広がるエリアにも、
素敵な物件、町並みが残っていたので、次回はそこらへんをご紹介致します。。。



続く


2015.8 大阪・御堂筋界隈を歩く~後編
P8293081.jpg

大阪御堂筋界隈を歩く、後編です。

御堂筋の東側にも歴史的建造物が多く見られます。
まずは備後町2丁目にある、綿業会館本館。
1931年竣工。国指定重要文化財。

P8293083.jpg

瓦町2丁目の風景。

P8293089.jpg

ジグザグに歩いています。
ここは平野町3丁目。昔ながらのお花屋さんが営業中。

P8293090.jpg

お花屋さんの筋をそのまま北へ。ここもまだ平野町3丁目。
ゴチャっとした自転車屋さんがイイ。

P8293093.jpg

ビルの谷間に生き残る古民家たち。
道修町3丁目。エグゼタワー道修町のあたり。

P8293098.jpg

古い薬房の表には、薬材が展示されていました。
ここ道修町は製薬会社が多く集まる町。江戸時代初期からずっと薬の町だったそうです。

因みにですが、読み方は「どしょうまち」。
初見ではなかなか読めないですよね。

P8293101.jpg

目に付くモノを撮影しながらぶらり。
あとから調べたら、結構たくさんの魅力的な物件をスルーしてたようです。。。

P8293102.jpg

伏見町2丁目。古い建物を利用した飲み屋さんが並んでいます。

P8293110.jpg

高麗橋2丁目。
こちらは東京駅丸の内駅舎設計で著名な辰野金吾が設計、1912年に完成した
煉瓦建築。保険会社の社屋として利用されて来ましたが、2008年からは
「オペラ・ドメーヌ高麗橋」という結婚式場として使われているそうです。

P8293114.jpg

その同じ並び、南側に隣接しているのが、日本基督教団浪花教会。
1930年竣工。設計はヴォーリズによるもの。

P8293118.jpg

オペラ・ドメーヌ高麗橋や浪花教会のある三休橋筋は、緑が多くて画になる通りですね。
本記事最初に紹介した綿業会館本館も、実は同じ筋です。

P8293122.jpg

そしてこちらが撮影した最後の物件。
大阪市立愛珠幼稚園。
1880年開園で、大阪府最古、日本でも2番目に古い歴史を持つ幼稚園です。

P8293130.jpg

愛珠幼稚園の園舎は木造の立派なもの。
国の登録有形文化財となっています。
さすがに内部は撮影できませんので、塀の外から眺めるのみでしたが、
それでも「これホントに幼稚園?」と思うような佇まいで見応えは抜群でありました。。

…、という訳で御堂筋界隈をフラフラと歩き回るネタは、これにて終了となります。

まだ北浜から堺筋の方を撮影したことはないので、次に機会があればそちらを
メインにぶらり歩きをしてみたいな、と考えています。。。



2015.8 大阪・御堂筋界隈を歩く~前編
P8293006.jpg

休日の昼間、2時間弱程度ですが市内を歩く機会ができたので、普段何気なく
通り過ぎるだけの大阪市内・御堂筋界隈を写真撮影しながら歩いてみました。
まぁ、代表的な筋の名前として御堂筋を挙げていますが、実際歩いたのは
御堂筋近くの裏通りがメインになります…。

まずは肥後橋からスタート。
中之島との間を流れる土佐堀川と、錦橋の風景。(肥後橋上から撮影)
錦橋は歩行者専用の橋で、かつては可動堰だったとのこと。

P8293010.jpg

三井住友銀行大阪支店が入る住友ビルディングは、1930年竣工。

肥後橋からスタートし、四ツ橋筋と御堂筋の間を南に向かって進んで行きます。

P8293015.jpg

住友ビルディングの裏手に建つこちらは、大阪倶楽部。
1924年竣工の重厚な建築。国の登録有形文化財です。

P8293019.jpg

今橋4丁目と高麗橋4丁目の境界の細道。
ビルに囲まれたエリアですが、こんな緑の多い筋もあります。

P8293026.jpg

P8293027.jpg

道修町4丁目。大阪平野町郵便局のある角から北向きに撮影。
この一角には古い物件が残されていますね。
あまり多くはありませんが、適当に歩いていると所々でこういう風景に出会えます。
これが大阪の市街地散策の楽しいところかと。

P8293032.jpg

東西にのびる平野町通商店街。
典型的なオフィス街の商店街で、休日の賑わいはありません。
明治時代までは大阪市内の5大商店街のひとつに数えられるほどの賑わいだったとか。

P8293036.jpg

平野町通商店街の南側にある御霊神社。

P8293045.jpg

うどんすきで有名な老舗・美々卯さんの本店。
一度だけここのお座敷でうどんを頂いたことがあります。
もう10年くらい前になりますが…。

P8293048.jpg

美々卯本店の斜め前のレストランえいらい?えいろい?
こちらは今(2017年3月)は無くなっているようです。

P8293052.jpg

北御堂・本願寺津村別院の存在感。

P8293065.jpg

大阪のオフィス街・本町。
地下鉄本町駅は、御堂筋線・中央線・四つ橋線の3路線が集う主要駅のひとつ。
本町のビル街や地下街は昭和な香りが漂っていて、とても好きな場所です。
この本町駅の案内板の字体も素敵っすね。

P8293069.jpg

本町ビル街の地下にて。

P8293073.jpg

御堂筋を越えて東側へやって来ました。
南方向を望めば、難波へと続く心斎橋筋商店街アーケードの北端が見えます。
今回はこれ以上南下はせず、ここから再び北向きに散策して行きます。


続く


2015.5 学研都市線・徳庵駅界隈の風景
P5100022.jpg

P5100025.jpg

P5100026.jpg

P5100028.jpg

P5100029.jpg

PA189567.jpg

PA189570.jpg

PA189575.jpg

PA189577.jpg

個人的に大阪エリアで最も存在感が薄いと思う路線、学研都市線。
かつての一般名称は、地味さが素敵な「片町線」。今でも正式名称は片町線ですが、
線名の由来となった片町駅は今は廃止されていて、今は片町線と呼ぶ人はレアでしょう。

そんな片町線(学研都市線)は、自分の実家がある東大阪の北部をかすめていて、
市内に2駅あるんですが、徳庵はその2駅の中のひとつです。(もうひと駅は鴻池新田駅)

周囲は住宅密集地でかなりのゴチャゴチャ感。
あまりの密集具合のため、駅の両側ともロータリーのようなものはなく、駅を出れば
すぐに下町感溢れる風景が展開します。

バスのりばはどこか分かりませんし、タクシーもいないというか駐車スペースがない、
そんな駅で不便さはありますが、地域密着型(?)の今の姿、自分は好きですね。
再開発で近代的な駅になると味気なくなってしまいますし。
まぁ、部外者の勝手な戯言ですけど…。