FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.1 新春常総紀行 第18回 長者町駅の木造駅舎
P1048552.jpg

「おかえりなさい、ごくろうさま」 by 岬町商工会青年部

…ということで、旧岬町の代表駅だった長者町駅で途中下車です。
長者町 12:15着。12:48発の上り列車まで33分間の滞在となります。

P1048555.jpg

長者町駅(千葉県いすみ市岬町長者)
1899年開業。古びた屋根瓦が素敵な、激渋の木造駅舎です。

P1048557_201803041153197ef.jpg

東北東に向いて立つ木造駅舎は、午後にはこのとおりの逆光です。

P1048559_20180304115320cd4.jpg

ちょっと左寄りからの撮影ならば、何とかなりますかね。
長者町駅は何と言ってもこの琺瑯の駅名板が素敵。

P1048561.jpg

駅前から斜め方向に伸びていく駅前通り。
千葉県道230号線(長者町停車場線)になります。
周囲は旧岬町の中心地で住宅が立ち並んでいます。

P1048564.jpg

業務委託の有人駅。
2016年度、一日平均乗車人員は402人。

P1048566_201803041153395dd.jpg

岬町観光協会は合併前のものですね。

表側には「いってらっしゃい、気をつけて」とありました。

P1048569_20180304115341031.jpg

この手の案内板は昭和の時代のモノというイメージなんですけど、
いすみ市になったのは2005年のことなので、その後に作られたモノ…?
夷隅郡をいすみ市に直した、とかでしょうかね。

P1048574.jpg

駅前通りを進んで行くと丁字路でぶつかる、旧岬町長者のメインストリート。
地元商店が軒を連ねる商店街になっています。
タウンアーチに描かれているのは何の花でしょう…?

P1048575_20180304115344de6.jpg

反対側(北西方向)にもタウンアーチ。
いずれも看板は何も掛かっておらず、寂しい感じです。

P1048577.jpg

ネコさんに見送られながら、長者町駅へと戻ります。

P1048581.jpg

再び長者町駅。跨線橋から駅構内を。
対面式ホームの2面2線。
駅舎があるのは下り・安房鴨川方面行きの1番ホーム側になります。

P1048582.jpg

最後に、跨線橋から見た駅前住宅街の風景。。。

長者町 12:48発の列車でひと駅戻ります…。



続く


2016.1 新春常総紀行 第17回 上総一ノ宮駅 6分停車
P1048533.jpg

2日かけて大阪に戻る恒例の鉄旅は、2日目のお昼頃を迎えています。
本納を出た列車はゆっくりと房総半島を南下。
本納の次の新茂原駅は木造駅舎が残っていますが、今回はプラン上無理なのでスルー。

P1048535_20180225112301634.jpg

上総一ノ宮では特急わかしお7号に道を譲るため、6分間の停車時間がありました。

P1048537_2018022511230337a.jpg

上総一ノ宮駅(千葉県長生郡一宮町一宮)
1897年に一ノ宮駅として開業。1916年に現在の上総一ノ宮駅に改称。
外房線の運行上の最重要駅と言っても過言ではありませんかね。
千葉からここまで概ね1時間3本程度ある快速・普通列車が、この先は1時間1本に激減。
千葉を中心とした都市圏の端、といった感じでしょうか。
何となく、一ノ宮は市なのかと思っていましたが、町なんですね。

P1048539.jpg

駅前食堂が元気に営業中。
駅前はこうでないといけませんね(偏見)

P1048542.jpg

みどりの窓口も当然のように完備。
2016年度、一日平均乗車人員は2,962人と、なかなかの規模。

P1048543.jpg

内陸を走ってきた外房線はここ上総一ノ宮付近でやっと海沿いに達します。
駅舎は内陸向き(西向き)に建っていて、町の中心部もこちら側のようです。
駅裏に一宮町役場があり、その先に九十九里浜の南端部にあたる海岸に出ます。

P1048549.jpg

6分間は短いですね。
早々に列車に戻ります…。
ホームにはかつて活躍したであろう水道が残っていました。。。



続く


2016.1 新春常総紀行 第16回 本納駅の木造駅舎
P1048493.jpg

お次は純白の木造駅舎の本納駅で途中下車。
本納 11:13着。あまりの白さにビックリです。

P1048494.jpg

本納駅(千葉県茂原市本納)
1897年開業。純白の木造駅舎は、土台がレンガ造りになっているのが特徴。
業務委託の有人駅で、2014年まではみどりの窓口もあったとか。

2016年度、一日平均乗車人員は1,674人。

P1048496.jpg

小湊バスと、茂原市民バスのバス停が目の前に。

P1048501.jpg

本納は1972年に茂原市に合併されて消滅した旧本納町の中心地。

P1048502.jpg

振り返って本納駅。
駅前にヤマザキショップも。

P1048503.jpg

千葉県道226号線に指定されている駅前通り。本納停車場線。
お店は点々といった感じです。

P1048505.jpg

P1048509.jpg

駅前通りを300mほど歩いた突き当たり交差点からの風景。

P1048510.jpg

「本納」で検索するとここの画像が出てくるので、旧本納町を代表する景観なのかも…?

P1048514.jpg

滞在時間は約30分。
そろそろ駅へと戻ることに…。

P1048519.jpg

本納駅前の風景。左側の通りが先ほど歩いた駅前通りになります。

P1048524_20180225112251fd4.jpg

沿線でよく見かける黒に白抜きの案内板。

P1048526_20180225112252cbe.jpg

続いて本納11:42発の下り列車で、先を目指します。



続く


2016.1 新春常総紀行 第15回 旭駅周辺散策
P1048456.jpg

ひと駅戻って旭駅、9:53着。

旭駅(千葉県旭市ロ)
1897年に旭町駅として開業、1933年に現在の旭駅に改称。
(高知にも同名の旭駅があります)
昭和風の平屋建て駅舎は1966年築。以前は向かって左側に2階部分があったようですが、
今はなくなっているので撤去されたんでしょうか…。

P1048458.jpg

さて、旭駅は木造駅舎ではありませんが、時間が取れるので知らない町を少しでも
見てみたくて、やって来ました。滞在時間は23分間。駅近くの商店街を散策してみます。
駅を出てすぐ右手(西)方向にある商店街です。

P1048460.jpg

さて、駅の住所は旭市ロ。先ほど訪れた干潟駅は旭市二でした。
漢字かカタカナか判別できませんが、調べてみるとカタカナの「イロハ」の地名とのこと。
旭市には「イ」から「ホ」までの地名があるんだそうで。コレ、珍しいですよね。

P1048473.jpg

因みに、旭農業高校がある千葉県旭市ロ1という住所が、日本一短い住所らしいですよ。
一生役立たないかも知れない豆知識ですね…(笑)

P1048466.jpg

歩いているのは、しんちょう通り商店街というそうです。
地方都市の駅近くによくあるタイプの、少し寂れた商店街。

P1048469.jpg

特に目的のない散策。
めちゃくちゃ短距離ですが、旭駅のすぐ西にある踏切まで歩いて引き返します。

P1048470.jpg

踏切近くにあった旭ボウル。
廃墟感が漂っていますが、こちらはまだ現役だそうです。(2018年3月時点)

P1048476.jpg

商店街で最も存在感があったのが、こちらのショッピングプラザ・ミヤスズさん。
頭デッカチのすごい特徴的な建物です。
もう廃墟化していて、前のスペースが駐輪場として利用されているのみ。

P1048479.jpg

再び旭駅。駅舎内には和紙人形が飾られていました。
地元の伝統工芸品かと思いきや、近年旭市と隣の匝瑳市を中心にした女性グループが
制作しているものなんだとか。

P1048481.jpg

2016年度、一日平均乗車人員は1,812人。

旭10:16発の上り列車で出発。

P1048489.jpg

成東で東金線に乗り継いで、外房線との接続駅である大網に到着。11:05着。
写真は東金線のホームで、左奥に見えるのが外房線のホーム。

P1048492.jpg

大網からは外房線へ。
11:08発の上総一ノ宮行き快速で次の訪問地へ…。



続く


2016.1 新春常総紀行 第14回 松岸駅と干潟駅
P1048411.jpg

すっかり明るくなった成田線の車窓。
早朝はよく見えませんでしたが、こんな風景だったんですねぇ。

P1048412.jpg

お次は総武本線の方を巡るため、成田線と総武本線の接続駅である松岸駅で下車します。
松岸 8:48着。ここも木造駅舎が残っています。

P1048414.jpg

松岸駅(千葉県銚子市長塚町)
1897年、銚子まで延伸開業時に途中駅として開業。
1933年に成田線が伸びて来て接続駅に。
ブルーが爽やかな印象の木造駅舎です。

P1048416.jpg

駅名板は沿線各駅で近年新しくなったものですね。
松岸駅にはサザンカが描かれていました。

P1048417.jpg

松岸の駅前食堂、宮内食堂さん。
何故か「宮内食堂」に「ワンコップ」というフリガナが付いている謎のお店です。
でワンコップって何なんですかね…?ワンカップのことか?

P1048419.jpg

駅前にはヤマザキショップがあるので食糧調達も可。
周辺は住宅街が広がっています。

P1048420.jpg

業務委託の有人駅になります。

P1048424.jpg

片面+島式ホームの2面3線。
駅舎があるのは片面の1番線、総武本線の上り(千葉方面)ホーム。

松岸の滞在時間は20分間。
9:08発の総武本線上り列車に乗り、再び移動です。

P1048434.jpg

次の訪問駅、干潟駅に9:23着。
こちらは更に渋い木造駅舎が残っています。

対面式の2面2線を有する駅で、ここでの列車交換も割と多く設定されていて、
待ち合わせ時間を利用した駅舎訪問もできるかも知れませんね…。

P1048436.jpg

下車した1番線から見る干潟駅の木造駅舎。
駅舎があるのは下り・銚子方面の2番線になります。

お分かりかと思いますが、駅構内からがこんな思いっきり順光ということは…。

P1048443.jpg

うーん、コレもんです。
駅舎が北北西向きに建っているので、デイタイム、特に午前中の逆光は仕方ないですな。

P1048439.jpg

干潟駅(千葉県旭市ニ)
1898年開業。激渋木造駅舎が素晴らしいのですが、逆光に悩まされますね。
それにしても海から結構離れているのに干潟という駅名なのは由来が気になります。
あと、地名の「二」ってのも面白いですね。

2016年度、一日平均乗車人員は974人。

P1048445.jpg

駅前を線路を並行して走る国道126号線。
近くには野球の強い東総工業高校があります。

P1048451.jpg

干潟 9:49発の下り・銚子行き普通列車で少し戻ります…。



続く