FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.1 新春常総紀行 第6回 石岡の町並み~前編
P1038098.jpg

ひたちなか海浜鉄道に続いては、常磐線を南下して石岡へやって来ました。

石岡にはレトロな町並みが残っているとの情報があり、訪れた次第。
冬の北関東の日照時間は短いですね。15時台ですが、そろそろ限界が近い…。

P1038099.jpg

降り立った石岡駅は絶賛改築工事中でした。
ここも橋上駅舎なんですよね。現在はもうすっかり完成しているようですが。

P1038110.jpg

レトロ建築は駅から500mほど西の国道355号線沿いに立ち並んでいるということで、
まずは駅前通り(県道277号線)を真っ直ぐに進みます。
この駅前通りの建物も、なかなか素敵なのが多いですね。

P1038111.jpg

脇道にもグッと惹かれるような光景が。。。

P1038113.jpg

駅前通りが国道355号線にぶち当たる、国府3丁目交差点。

P1038115.jpg

P1038116.jpg

P1038117.jpg

ところどころ歯抜けはあるものの、昭和レトロな看板建築がここまで多く立ち並ぶ場所は
全国的に見ても稀少だと思います。

1929年に石岡を襲った大火によってそれまでの多くの建物が焼失してしまい、
その後の再興時に建てられたのが現在残るレトロ建築群なのだそうです。

P1038121.jpg

この通りは中町商店街と呼ばれ、以前はアーケードがあったようですが、今は撤去され
更に電線が地中化されてレトロ建築をしっかりと見ることができるようになっています。

P1038124.jpg

中町商店街にあるお蕎麦屋さん、東京庵さん。
1932年築の純和風食堂建築。

P1038125.jpg

こちらも素敵な佇まい。
1930年築の森戸文四郎商店(元・飼料店)。今はお花屋さんになっているようです。

P1038126.jpg

中町国府3丁目交差点付近にある、すがや化粧品店さん。1930年築。

P1038129.jpg

ここ石岡にレトロな町並みが残っているのを知ったのは、太川陽介&蛭子能収コンビの
路線バスの旅で紹介されたのを見て、でした。結構最近の話なんですよね。
灯台下暗しと言うか、知った時は「してやられた感」がありました。
まだまだ知らない場所がたくさんあるんだな、自分もまだまだだな、と感じたのでした…。

次回も石岡散策が続きます…。



続く


2016.1 新春常総紀行 第5回 那珂湊の町並み
P1038040.jpg

那珂湊駅前を東西に走る通り。県道6号線、ですかね。
駅を出て左方向、那珂湊漁港に向かって少し歩きます。

P1038044.jpg

古い商店、飲食店が点々と。
どれだけが現役なのかは…、よく分かりませんが…。

P1038052.jpg

那珂湊の中心と思われる湊本町交差点から北方向を撮影。
こちらも県道6号線ですね。

P1038055.jpg

あれは、本町北バス停。
ここらへんで駅へと引換します…。
漁港を見る時間はナシ。これはまた改めて、ですかね。

P1038057.jpg

帰り道は別の筋を通って戻ります。
幟に惹かれて立ち寄った鳥惣精肉店さんで、同店名物の?那珂湊コロッケを購入。
まだお昼を食べていなかったので、軽い昼食代わりに…。

P1038058.jpg

ふと見かけた黒塗りの蔵が素敵。

P1038060.jpg

行きに歩いた県道6号線の一本北側の通りを行きます。

P1038062.jpg

通りは那珂湊駅の西側でカーブを描く鉄路にぶち当たります。
この通りからは真正面に那珂湊駅を見ることができました。

そしてこの交差点を右折したところにあった酒屋さんでビールを購入。
もちろん那珂湊コロッケと一緒に飲むためであります(キリッ

P1038069.jpg

那珂湊駅の裏手には少し落書きが目立つ蔵がいくつか立ち並んでいます。
こちらには百華蔵という、大谷石造りの蔵があり、コミュニティ施設、貸スペースとして
活用されているようですが、この蔵もその繋がりなのでしょうか…。

P1038075.jpg

那珂湊14:08発の勝田行きの入線。
期せずして、さっき駅で見たレトロ車両がやって来てテンション上がります。

P1038078.jpg

乗客で賑わうレトロな単行車両。
もしかするとイベント運転だったのかも知れません…。
ロングシートではなく、ボックスシートの車両でイイですね…。

P1038082.jpg

ビールとコロッケでゆっくり、と思いましたが座席も無かったので、最後尾で立ち食いです。
旧型の運転席。このスイッチと計器が並ぶ様子は何でこんなにワクワクするんでしょうか。

P1038086.jpg

大好物の扇風機。
もう現代の車両には設置されないので、絶滅危惧種ですよねぇ。



続く


2016.1 新春常総紀行 第4回 阿字ヶ浦駅と那珂湊駅
P1038006.jpg

ひたちなか海浜鉄道終点の阿字ヶ浦駅にて。

P1038011.jpg

阿字ヶ浦駅(茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町)
1928年に延伸開業。その後、約90年に渡って湊線の終着駅としての地位を維持。
木造駅舎が残る駅で、駅舎の外壁はお色直しを受けているようで、キレイでしたね。

P1038012.jpg

無人駅ですが、夏の海水浴シーズンには那珂湊駅から駅員が派遣されるそうです。

P1038014.jpg

駅前に特に商店などは見当たらず。
歩けば5分もかからずに海。
駅からは見えませんが同じく商店もあることはあるようです。

P1038016.jpg

現在の鉄路の果て。ここから更に延伸される計画です。

阿字ヶ浦からは折り返しの列車に乗車。
13:04着で13:17発。滞在時間は13分間でした。。。

P1038020.jpg

走行中の列車車窓から撮影。
海沿いを行く路線ですが、海岸線からは微妙に離れたところを走ります。

P1038023.jpg

13:29、那珂湊着。

往路でも目を見張りましたが、何というか、昭和の雰囲気を色濃く残す素晴らしい駅です。

P1038025.jpg

那珂湊と言えば、過去にNHK教育テレビで放送された社会科番組『たんけんぼくのまち』。
チョーさんが地域の事を学び、最後に手書きのイラスト地図を完成させるというアレです。
諏訪地方や静岡の清水など、年によって設定の町が変わっていましたが、自分が一番
見ていた時期(1986~1987年)が那珂湊だったので、個人的にはここのイメージが強いです。

P1038028.jpg

レトロな駅に、レトロな車両がやって来ました。
旧国鉄キハ20系。カラーリングも国鉄色なのもイイ!

P1038029.jpg

片面+島式ホームの2面3線。
駅舎側のホーム、木造上屋もいい味出てます。

P1038030.jpg

ホームの傍らには、割れてしまった旧駅名標が置かれていました。。。

P1038033.jpg

駅舎内。那珂湊駅はこの路線唯一の通年有人駅。
駅長ではありませんが、ここにも「おさむ」と「ミニさむ」という2匹のネコがいます。
が、この時の自分は何を思ったのか、完全スルーしてますね。。。
単に知らなかったから…、だったのか…。

P1038038.jpg

那珂湊駅(茨城県ひたちなか市釈迦町)
1913年開業。木造駅舎は駅開業当初からのもので、2011年の東日本大震災でも
無傷だったそうです。
茨城交通時代の1998年には開業時の面影を残す駅として、関東の駅百選に選出。

那珂湊でも30分程度あるので、少しだけ近くを歩いてみました。
次回は那珂湊の町歩きを中心にお送りします…。



続く


2016.1 新春常総紀行 第3回 ひたちなか海浜鉄道
P1037981.jpg


P1037980.jpg

P1037984.jpg

P1037987.jpg

P1037991.jpg

P1037994.jpg

P1037995.jpg

P1037999.jpg

P1038001.jpg

P1038003.jpg

続いては、勝田からひたちなか海浜鉄道に乗車。
常磐線・勝田駅から、那珂湊を通って終点の阿字ヶ浦まで14.3kmを繋ぐ地方鉄道です。

終点の阿字ヶ浦には海水浴場があり、またネモフィラで有名な国営ひたち海浜公園への
最寄り駅として、週末を中心に無料シャトルバスも出ています。

2005年、前運営会社の茨城交通から廃線の意向が出たことを受け、2008年から
第三セクター・ひたちなか海浜鉄道が路線を継承。
赤字続きのローカル線を、地元への協力要請など、地道な努力を経て軌道に乗せた
第三セクターにおける数少ない成功例と言われています。
また、2024年度を目標に、阿字ヶ浦から更に3.1km延伸する計画を固めており、
これも第三セクターとしては異例。是非とも順調に実現へ繋げて欲しいところです。

やはりこの時代、ただ普通に列車を走らせているだけでは厳しいんですよね。
学校、企業を始めとした地域の方々の積極的な協力が必要不可欠。
最終的には地元の方々が鉄道を残したいか、その意識次第なのかな、と思います。



続く


2016.1 新春常総紀行 第2回 笠間駅の木造駅舎
P1037946.jpg

11:32、笠間着。水戸線で2駅目の下車駅です。
岩瀬駅と同じく片面+島式の2面3線を有する駅。

P1037949.jpg

島式ホームには、何故か表彰台らしきものが。

P1037951.jpg

笠間駅の駅前風景。
日本三大稲荷の一つ(諸説あり)である笠間稲荷、そして笠間焼で有名な笠間。
駅前のモニュメントは笠間焼でしょうかね。

P1037955.jpg

駅舎入口に小さな注連縄があるの、分かりますかね…。
非常に分かりづらい写真で申し訳ありません。

P1037959.jpg

笠間駅(茨城県笠間市下市毛)
1889年開業。屋根の高い木造駅舎は岩瀬駅にとても似てるように思えました。
北向きに建っていて日中は逆光になるところも、岩瀬駅と似てますね(爆

駅舎竣工は1913年。
2016年度、一日平均乗車人員は1,367人。

P1037960.jpg

駅前から真っ直ぐに伸びる通り。
このまま歩いて行けば約1.5kmで笠間稲荷に到達しますが、
今回の滞在時間はここでも30分程なので、駅前だけで過ごします。

笠間稲荷は過去に車で一度行ったことはありますが、町並みをゆっくり歩いたことが
ないので、また時間が取れる事があれば、歩き回ってみたいですね。

P1037962.jpg

喫茶店の表に並べられたこれらも笠間焼でしょうか…。

P1037967.jpg

地方都市の玄関口の佇まい。
なお、笠間市の笠間駅なので市の中心地かと思いきや、市役所は常磐線との
接続駅である友部の方に設置されています。

P1037970.jpg

2006年に笠間市・友部町・岩間町が合併する際に、簡単に言えば名称を笠間市とする
代償として、市役所を友部に譲るかたちになったため、だそうです。
まぁ、交通の便からすれば友部の方が優位ですから、結果として悪くないと思います。

P1037954.jpg

ホームにも紙垂(しで)がありましたが、これはお正月だからでしょうかね。
そう言えば自分の前回訪問は初詣でした。

P1037976.jpg

それでは、11:00発の友部行き普通列車で更に東へと向かいます。
この後、ダイヤの関係で友部、水戸と小刻みに乗り継いで。。。。



続く